topimage

2017-09

主要な参考文献(50音順) - 2016.08.22 Mon

「アリ ハンドブック」寺山守解説・久保田敏写真 2009
「市原市自然環境マップ」市原市 2012
「イモムシ ハンドブック」安田守 文一総合出版 2010
「海の鳥を観察しよう」千葉県立中央博物館海の分館 2009
「海辺の生き物」小林安雄 山と渓谷社 2010
「外来水生生物事典」佐久間功・宮本拓海 柏書房 2005
「外来生物 最悪50」今泉忠明 サイエンス・アイ新書 2012
「カエルのきもち」千葉県立中央博物館監修 晶文社出版 2000
「カタツムリ ハンドブック」武田晋一写真・西浩孝解説 文一総合出版 2015
「川の図鑑」本山賢司 東京書籍 2009
「近畿のトンボ図鑑」山本哲央・新村捷介・宮崎俊行・西村信明 いかだ社 2009
「くらべてわかる哺乳類」小宮輝之著・薮内正幸絵 山と渓谷社 2016
「危険生物ファーストエイドハンドブック 陸編」NPO法人武蔵野自然塾編 文一総合出版 2017
「昆虫の集まる花 ハンドブック」田中肇 文一総合出版 2009
「昆虫の食草・食樹ハンドブック」森上信夫・林将之 文一総合出版 2007
「淡水魚ガイドブック」桜井敦史・渡辺昌和共著 永岡書店 2007
「田んぼで出会う花・虫・鳥」久野公啓 築地書館 2007
「田んぼの生き物 400」関慎太郎 文一総合出版 2012
「千葉いきもの図鑑」前田信二 メイツ出版 2013
「千葉県生物多様性ハンドブック2 外来生物がやってきた 第2版」千葉県生物多様性センター編 2013
「千葉県生物多様性ハンドブック3 稀少な生物を守ろう」千葉県生物多様性センター編 2012
「千葉県の保護上重要な野生生物 -千葉県レッドデータブック- 動物編 2011年改訂版」千葉県 2011
「千葉市の保護上重要な野生生物 -千葉市レッドリスト-」千葉市 2004
「千葉市野生動植物の生息状況及び生態系調査報告 Ⅱ」千葉県自然環境調査会 1994
「千葉市野生動植物の生息状況及び生態系調査報告 Ⅲ」千葉県自然環境調査会 1995
「千葉の外来哺乳類-春の展示『持ち込まれたケモノたち』解説書」千葉県立中央博物館 2004
「日本のクワガタムシ・カブトムシ観察図鑑」吉田賢治 誠文堂新光社 2015
「日本のチョウ」日本チョウ類保全協会編 誠文堂新光社 2012
「日本の鳥 300」叶内拓哉 文一総合出版 2005
「日本の爬虫両生類 157」大谷勉 文一総合出版 2009
「野山の昆虫」今森光彦 山と渓谷社 2008(3版)
「房総の生物」沼田眞・大野正男監修 河出書房新社 1985
「哺乳類のフィールドサイン観察ガイド」熊谷さとし著・安田守写真 文一総合出版 2011
「新装版 野外毒本」羽根田治 山と渓谷社 2014
「野外における危険な生物」(財)日本自然保護協会編集・監修 平凡社 1994(新装版)
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。詩人/ネイチャーガイド。千葉市在住。

房総半島に生息する動物の図鑑を目指してほぼ毎日更新しています。写真と文章は全て大島健夫によるものです。無断転載をお断りいたします。

ご意見、ご感想などございましたら、
inaka_jikan@yahoo.co.jp
までお送り頂けますと幸いです。また、動物の目撃情報、生息情報などもお待ちしております。現生の動物に限らず、房総半島における過去のニホンカワウソの生息情報も収集しております。

大島健夫公式サイト

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
索引 (38)
更新情報 (1)
哺乳類 (8)
鳥類 (92)
爬虫類 (15)
両生類 (15)
魚類 (17)
昆虫類・シミ目 (2)
昆虫類・トンボ目 (42)
昆虫類・ゴキブリ目 (3)
昆虫類・カマキリ目 (6)
昆虫類・ハサミムシ目 (3)
昆虫類・バッタ目 (34)
昆虫類・ナナフシ目 (3)
昆虫類・カメムシ目 (60)
昆虫類・アミメカゲロウ目 (7)
昆虫類・甲虫目 (110)
昆虫類・シリアゲムシ目 (3)
昆虫類・ハエ目 (27)
昆虫類・チョウ目 (99)
昆虫類・ハチ目 (24)
鋏角類 (39)
甲殻類 (16)
多足類 (3)
貝類 (9)
環形動物 (2)
扁形動物 (3)
刺胞動物 (4)
棘皮動物 (1)
主要な参考文献 (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR