FC2ブログ
topimage

2019-08

モリアオガエル - 2019.06.30 Sun

Rhacophorus arboreus
無尾目アオガエル科
体長 4~8cm
千葉県RDB・C(要保護生物)


2014052220161220.jpg
(2014年5月 鴨川市)

20120701.jpg
(2012年7月 鴨川市)

20190629IMG_9626.jpg
無地に近い個体(2019年6月 鴨川市)

20110615P6153514.jpg
卵塊(2011年6月 鴨川市)

日本固有種。山地性のアオガエルで、シュレーゲルアオガエルより大型になる。体の斑紋には様々な個体間変異がある。房総半島では清澄山山系をはじめとする丘陵地帯に分布する。初夏、水面にオーバーハングした植物の枝や茎に、白い泡状の卵塊を産む。

◎両生類の索引

スポンサーサイト

ヌマガエル - 2019.06.05 Wed

Fejervarya limnocharis
無尾目アカガエル科
体長 3~5cm
国内外来種


20190605IMG_8993.jpg
(2019年6月 佐倉市)

20161031IMG_4874.jpg
背中線のある個体(2016年10月 山口県長門市)

ツチガエルに似るが、ツチガエルほどイボは目だたない。南方系のカエルで、国内では琉球諸島から本州中部まで自然分布している。近年、人為的な移入により関東地方でも定着が確認されており、千葉県内でも繁殖している。

◎両生類の索引

ウシガエル - 2019.02.28 Thu

Rana catesbeiana
無尾目アカガエル科
体長 10~18cm
特定外来生物


2014041720160921.jpg
(2014年4月 千葉市若葉区)

20140519u.jpg
(2014年5月 千葉市若葉区)

2012071420170822.jpg
ヘビを捕食する(2012年7月 千葉市若葉区)

2016032920160922.jpg
幼生(2016年3月 袖ヶ浦市)

20160727IMG_3655.jpg
変態上陸直前の幼生(2016年7月 袖ヶ浦市)


(2013年7月 千葉市若葉区)

北アメリカ原産。日本には食用として大正年間に持ち込まれた。大柄で繁殖力が強く、口に入るものなら何でも食べる貪食な性質で、在来生態系に大きな影響を与えている。特定外来生物に指定されており、許可なく飼育・移動・販売などを行うことはできない。

◎両生類の索引

トウキョウダルマガエル - 2018.09.28 Fri

Pelophylax porosus
無尾目アカガエル科
体長 4~8cm
環境省RDB・NT(準絶滅危惧)
千葉県RDB・B(重要保護生物)


2014100320161217.jpg
(2014年10月 佐倉市)

20150527IMG_5061.jpg
(2015年5月 佐倉市)

20180726IMG_2737.jpg
(2018年7月 山武郡芝山町)

2014093020170515.jpg
背中線はない個体もいる(2014年9月 佐倉市)

20180926IMG_4212.jpg
背中線のない緑色の個体(2018年9月 山武市)

20110727IMG_4631.jpg
指に吸盤がないため、コンクリートの垂直面を這い上がることができない(2011年7月 いすみ市)

20170514IMG_7032.jpg
抱接(2017年5月 佐倉市)

20180726IMG_2751.jpg
幼体(2018年7月 山武郡芝山町)

200907blog_import_4f4dced08ad58.jpg
幼生(2009年7月 千葉市若葉区)


(2013年5月 千葉市若葉区)

日本固有種。昔から千葉県を含む関東地方で「トノサマガエル」と呼ばれてきたのは実のところ本種である。トノサマガエルに比べ肢が短く、背中の斑紋は丸くかつ不連続である。一生を水辺から離れることなく暮らす。雄は水面に明確な縄張りを持ち、初夏から夏にかけて鳴きながら雌を待つ。水田の乾田化、「中干し」により夏季のオタマジャクシの生息場所が奪われること、水路をコンクリートの三面張りとされることによって隠れ場所を失い生息域を分断されることなど、水田農法の近代化に伴い各地で姿を消しつつある。

◎両生類の索引

シュレーゲルアオガエル - 2018.04.16 Mon

Rhacophorus schlegelii
無尾目アオガエル科
体長 3~6cm
千葉県RDB・D(一般保護生物)


2010082120161105.jpg
(2010年8月 千葉市緑区)

2013082020161104.jpg
黄色斑点の多い個体(2013年8月 千葉市若葉区)

2008080920180122.jpg
瞼は下側にある(2008年8月 千葉市若葉区)

20180416IMG_0847.jpg
春、繁殖のため水路に現れた(2018年4月 袖ヶ浦市)

2011081620161105.jpg
幼体(2011年8月 千葉市若葉区)

blog_import_4f4dd85dcaa82.jpg
幼生(2010年6月 千葉市若葉区)

blog_import_4f4de0222b970.jpg
卵塊(2011年5月 千葉市若葉区)


(2014年5月 鴨川市)

日本固有種。命名はライデン博物館の二代目館長だったヘルマン・シュレーゲル氏にちなむ。指には吸盤が発達し、変態上陸後は繁殖期以外はあまり水に入らず、主に水田近くの灌木や植物の葉の上で生活する。

◎両生類の索引

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。詩人/ネイチャーガイド。千葉市在住。

房総半島に生息する動物の図鑑を目指してほぼ毎日更新しています。写真と文章は全て大島健夫によるものです。無断転載をお断りいたします。

ご意見、ご感想などございましたら、
inaka_jikan@yahoo.co.jp
までお送り頂けますと幸いです。また、動物の目撃情報、生息情報などもお待ちしております。現生の動物に限らず、房総半島における過去のニホンカワウソの生息情報も収集しております。

大島健夫公式サイト

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
索引 (40)
更新情報 (1)
哺乳類 (10)
鳥類 (109)
爬虫類 (15)
両生類 (15)
魚類 (21)
昆虫類・イシノミ目 (1)
昆虫類・シミ目 (2)
昆虫類・トンボ目 (48)
昆虫類・ゴキブリ目 (5)
昆虫類・カマキリ目 (6)
昆虫類・ハサミムシ目 (3)
昆虫類・バッタ目 (39)
昆虫類・ナナフシ目 (3)
昆虫類・カメムシ目 (79)
昆虫類・アミメカゲロウ目 (9)
昆虫類・甲虫目 (176)
昆虫類・シリアゲムシ目 (4)
昆虫類・ハエ目 (47)
昆虫類・トビケラ目 (1)
昆虫類・チョウ目 (153)
昆虫類・ハチ目 (43)
鋏角類 (61)
甲殻類 (25)
多足類 (8)
貝類 (21)
環形動物 (2)
扁形動物 (3)
刺胞動物 (5)
棘皮動物 (1)
主要な参考文献 (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR