topimage

2018-02

アブラゼミ - 2018.01.05 Fri

カメムシ目セミ科
体長 36~38mm


2014080420170218.jpg
(2014年8月 千葉市中央区)

blog_import_4f4dc7dda1ebb.jpg
交尾(2008年8月 長生郡長柄町)

20160726IMG_3631.jpg
羽化直後の個体(2016年7月 長生郡一宮町)


(2012年8月 千葉市若葉区)

茶色い翅をした大型のセミ。真夏にジジジジジという声で鳴く。土中で6年間ほどを幼虫で過ごし、羽化後の寿命は10日から2週間ほど。

◎昆虫類・カメムシ目の索引

スポンサーサイト

アカシマサシガメ - 2017.12.12 Tue

カメムシ目サシガメ科
体長 12mm


blog_import_4f4ddc6fbc676.jpg
(2010年10月 千葉市若葉区)

赤と黒の配色が特徴的なサシガメ。林縁や草地、民家の庭で見られる。地上、植物上を歩き回り、小型節足動物を捕食する。

ヤニサシガメ - 2017.12.05 Tue

カメムシ目サシガメ科
体長 12~16mm


20160512IMG_2603.jpg
(2016年5月 千葉市美浜区)

20171129IMG_9796.jpg
幼虫(2017年11月 袖ヶ浦市)

体がヤニ状の物質で覆われたサシガメ。樹上性で、マツ林や、マツを含む森林に生息する。

ツマジロカメムシ - 2017.12.05 Tue

カメムシ目カメムシ科
体長 9~10mm


20171129IMG_9776.jpg
(2017年11月 袖ヶ浦市)

光沢を帯びた紫色の体に、背中中央の小楯板先端部の白斑が特徴的なカメムシ。林縁などで見られる。幼虫は広食性で様々な植物から吸汁する。房総半島では南部の丘陵地帯に多い。

ミナミアオカメムシ - 2017.10.05 Thu

カメムシ目カメムシ科
体長 12~16mm


20171005IMG_9251.jpg
(2017年10月 袖ヶ浦市)

20171005IMG_9249.jpg
四齢幼虫(2017年10月 袖ヶ浦市)

20171005IMG_9253.jpg
五齢幼虫(2017年10月 袖ヶ浦市)

元来南方系の昆虫で、九州、四国を分布北限としていたが、地球温暖化に伴い北上し、近年になって関東地方に進出してきた。様々な植物から吸汁し、とりわけイネ科の害虫としてしばしば話題となる。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。詩人/ネイチャーガイド。千葉市在住。

房総半島に生息する動物の図鑑を目指してほぼ毎日更新しています。写真と文章は全て大島健夫によるものです。無断転載をお断りいたします。

ご意見、ご感想などございましたら、
inaka_jikan@yahoo.co.jp
までお送り頂けますと幸いです。また、動物の目撃情報、生息情報などもお待ちしております。現生の動物に限らず、房総半島における過去のニホンカワウソの生息情報も収集しております。

大島健夫公式サイト

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
索引 (39)
更新情報 (1)
哺乳類 (9)
鳥類 (101)
爬虫類 (15)
両生類 (15)
魚類 (18)
昆虫類・シミ目 (2)
昆虫類・トンボ目 (43)
昆虫類・ゴキブリ目 (3)
昆虫類・カマキリ目 (6)
昆虫類・ハサミムシ目 (3)
昆虫類・バッタ目 (36)
昆虫類・ナナフシ目 (3)
昆虫類・カメムシ目 (63)
昆虫類・アミメカゲロウ目 (8)
昆虫類・甲虫目 (138)
昆虫類・シリアゲムシ目 (4)
昆虫類・ハエ目 (42)
昆虫類・トビケラ目 (1)
昆虫類・チョウ目 (124)
昆虫類・ハチ目 (34)
鋏角類 (54)
甲殻類 (22)
多足類 (7)
貝類 (15)
環形動物 (2)
扁形動物 (3)
刺胞動物 (5)
棘皮動物 (1)
主要な参考文献 (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR