topimage

2017-07

ニイニイゼミ - 2017.07.20 Thu

カメムシ目セミ科
体長 20~24mm


2013080220170124.jpg
(2013年8月 千葉市若葉区)


(2017年7月 千葉市若葉区)

2012072220170124.jpg
羽化殻(2012年7月 千葉市若葉区)

翅に褐色の模様が入った小型のセミ。幼虫期間は3~5年。羽化殻は砂に覆われており、比較的低い位置で見つかる。

スポンサーサイト

ヤナギカワウンカ - 2017.07.06 Thu

カメムシ目ヒシウンカ科
体長 翅の先端まで6~7mm


20170628IMG_7928.jpg
(2017年6月 袖ヶ浦市)

ヤナギの木の周辺の草むらなどで見られるウンカ。樹皮のような模様と大きな眼が特徴的。


コガシラアワフキ - 2017.07.05 Wed

カメムシ目コガシラアワフキムシ科
体長 7~8mm


20170628IMG_7951.jpg
(2017年6月 袖ヶ浦市)

アワフキムシの仲間では頭部が小さいため「小頭」アワフキの名がある。体色は赤みがかっていることが多い。ヨモギなどから吸汁する。

シマアメンボ - 2017.06.27 Tue

カメムシ目アメンボ科
体長 5~7mm


2011092820170627.jpg
(2011年9月 千葉市中央区)

水質の良い流水に生息する。水面を素早く動き回る。ほとんどは無翅型で、京劇の隈取のような縞模様が目立つが、稀に長翅型も出現する。

ミミズク - 2017.06.23 Fri

カメムシ目ミミズク科
体長 13~19mm


20150802IMG_7209.jpg
(2015年8月 鴨川市)

2014083120170623.jpg
幼虫(2014年8月 千葉市若葉区)

前胸の両側に一対の角状の突起があり、これが鳥のミミズクの「耳」を連想させるところからその名がある。クヌギやコナラなどから吸汁する雑木林の昆虫。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。詩人/ネイチャーガイド。千葉市在住。

房総半島に生息する動物の図鑑を目指してほぼ毎日更新しています。写真と文章は全て大島健夫によるものです。無断転載をお断りいたします。

ご意見、ご感想などございましたら、
inaka_jikan@yahoo.co.jp
までお送り頂けますと幸いです。また、動物の目撃情報、生息情報などもお待ちしております。現生の動物に限らず、房総半島における過去のニホンカワウソの生息情報も収集しております。

大島健夫公式サイト

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
索引 (37)
更新情報 (1)
哺乳類 (8)
鳥類 (90)
爬虫類 (14)
両生類 (15)
魚類 (17)
昆虫類・トンボ目 (41)
昆虫類・ゴキブリ目 (3)
昆虫類・カマキリ目 (6)
昆虫類・ハサミムシ目 (2)
昆虫類・バッタ目 (32)
昆虫類・ナナフシ目 (3)
昆虫類・カメムシ目 (59)
昆虫類・アミメカゲロウ目 (6)
昆虫類・甲虫目 (81)
昆虫類・シリアゲムシ目 (2)
昆虫類・ハエ目 (18)
昆虫類・チョウ目 (81)
昆虫類・ハチ目 (22)
鋏角類 (31)
甲殻類 (11)
多足類 (2)
貝類 (4)
環形動物 (2)
扁形動物 (3)
刺胞動物 (4)
棘皮動物 (1)
主要な参考文献 (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR