FC2ブログ
topimage

2018-12

ヤチスズ - 2018.11.26 Mon

Pteronemobius ohmachii
バッタ目ヒバリモドキ科
体長 7~9mm


20181126IMG_5958.jpg
♂(2018年11月 袖ヶ浦市)

名前に「谷地」とつく通り、水田や湿地の周辺の草むらで見られる小型のコオロギの仲間。「ジー」という声で鳴く。

◎昆虫類・バッタ目の索引

スポンサーサイト

モリオカメコオロギ - 2018.11.26 Mon

Loxoblemmus sylvestris
バッタ目コオロギ科
体長 11~15mm


20181126IMG_5955.jpg
♂(2018年11月 袖ヶ浦市)

森林や林縁で見られる。雄は「リー、リー、リー」あるいは「リ、リ、リ、リ、リ」と声を区切った感じで鳴く。同属のハラオカメコオロギに大変よく似るが、雄ではモリオカメコオロギの方が翅がやや長い。

◎昆虫類・バッタ目の索引

オンブバッタ - 2018.10.28 Sun

Atractomorpha lata
バッタ目オンブバッタ科
体長 ♂20~25mm・♀40~42mm


20181026IMG_5068.jpg
(2018年10月 千葉市中央区)

草地や農耕地で普通に見られる。背中に乗っているのは雄、乗られているのは雌で、オンブバッタの場合、交尾の際以外も雌雄がこの体勢でいることが特徴的。

◎昆虫類・バッタ目の索引

ショウリョウバッタモドキ - 2018.08.24 Fri

Gonista bicolor
バッタ目バッタ科
体長 ♂25~30mm・♀45~50mm


20180822IMG_3205.jpg
(2018年8月 袖ヶ浦市)

20170824IMG_8872.jpg
赤味の強い個体(2017年8月 袖ヶ浦市)

ショウリョウバッタより小さく、後脚が短く、頭部があまり突出しない。草地で見られ、主にイネ科植物を食べるが、ショウリョウバッタに比べやや湿った環境を好む。

◎昆虫類・バッタ目の索引

ツチイナゴ - 2018.06.10 Sun

Patanga japonica
バッタ目バッタ科
体長 50~60mm


20151022IMG_9455.jpg
(2015年10月 袖ヶ浦市)

20180608IMG_1793.jpg
頭胸部背面の白い筋がない個体(2018年6月 千葉市若葉区)

大型のイナゴ。成虫で越冬する。草地に生息し、クズの葉を好んで食べる。

◎昆虫類・バッタ目の索引

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。詩人/ネイチャーガイド。千葉市在住。

房総半島に生息する動物の図鑑を目指してほぼ毎日更新しています。写真と文章は全て大島健夫によるものです。無断転載をお断りいたします。

ご意見、ご感想などございましたら、
inaka_jikan@yahoo.co.jp
までお送り頂けますと幸いです。また、動物の目撃情報、生息情報などもお待ちしております。現生の動物に限らず、房総半島における過去のニホンカワウソの生息情報も収集しております。

大島健夫公式サイト

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
索引 (39)
更新情報 (1)
哺乳類 (10)
鳥類 (104)
爬虫類 (15)
両生類 (15)
魚類 (19)
昆虫類・シミ目 (2)
昆虫類・トンボ目 (43)
昆虫類・ゴキブリ目 (3)
昆虫類・カマキリ目 (6)
昆虫類・ハサミムシ目 (3)
昆虫類・バッタ目 (38)
昆虫類・ナナフシ目 (3)
昆虫類・カメムシ目 (71)
昆虫類・アミメカゲロウ目 (9)
昆虫類・甲虫目 (153)
昆虫類・シリアゲムシ目 (4)
昆虫類・ハエ目 (45)
昆虫類・トビケラ目 (1)
昆虫類・チョウ目 (135)
昆虫類・ハチ目 (38)
鋏角類 (54)
甲殻類 (23)
多足類 (8)
貝類 (16)
環形動物 (2)
扁形動物 (3)
刺胞動物 (5)
棘皮動物 (1)
主要な参考文献 (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR