FC2ブログ
topimage

2020-08

オオタニシ - 2020.04.20 Mon

Cipangopaludina japonica
原始紐舌目タニシ科
殻高 50~70mm
環境省RDB・NT(準絶滅危惧)


20210419IMG_4037.jpg
(2020年4月 千葉市若葉区)

20200419IMG_4043.jpg
(2020年4月 千葉市若葉区)

大型のタニシ。ヒメタニシに似るが、ずっと大きい。池沼や水田で見られるが、近年各地で減少している。ジャンボタニシと呼ばれる外来種のスクミリンゴガイとは全く別の種である。

◎貝類の索引

スポンサーサイト



チャコウラナメクジ - 2020.03.10 Tue

Lehmannia valentiana
有肺目コウラナメクジ科
体長 50~80mm
外来種


20200310IMG_3345.jpg
(2020年3月 千葉市美浜区)

背中には甲羅状の盛り上がりがあり、中には薄い殻がある。ヨーロッパ原産の外来種で、日本には戦後になって物資などに紛れて非意図的に移入されたと考えられている。雑食で、都市部にも生息する。雨の夜などによく見られる。

◎貝類の索引

タイワンシジミ - 2019.12.28 Sat

Corbicula fluminea
シジミ科
殻長 30mm
外来種


20191225IMG_2505.jpg
(2019年12月 袖ヶ浦市)

淡水性のシジミ貝。原産地は中国、朝鮮半島など。食用として世界各国に輸出されたものが野外に拡散した。大量の精子を放出、かつ精子側の遺伝子のみが伝わる「雄性発生」という性質を持つため、在来のマシジミと交配すると生まれた子貝は全てこのタイワンシジミとなり、そのため各地でマシジミの個体群を消滅させている。マシジミに比べ汚染にも強い。

◎貝類の索引

ホンビノスガイ - 2019.11.11 Mon

Mercenaria mercenaria
マルスダレガイ科
殻長 100mm
外来種


20191110IMG_1751.jpg
(2019年11月 習志野市)

原産地は北アメリカ大陸の大西洋岸。浅い海の砂や砂泥に生息する。日本では1998年に千葉市で初めて発見され、現在は東京湾岸で数多く見られる。食用にもなり、漁獲対象ともされている。

◎貝類の索引

ホソウミニナ - 2019.11.01 Fri

Batillaria cumingii
吸腔目ウミニナ科
殻高 30mm前後


20191101IMG_1638.jpg
(2019年11月 習志野市)

干潟や磯の泥地などでよく見られる、細長い巻貝。砂の上を這い、デトリタスや動物の死骸などを食べる。卵から浮遊幼生期を経ずに仔貝になる「直達発生」を行う。

◎貝類の索引

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。詩人/ネイチャーガイド。千葉市在住。

房総半島に生息する動物の図鑑を目指して更新を続けるという無謀なサイトです。写真と文章は全て大島健夫によるものです。無断転載をお断りいたします。

ご意見、ご感想などございましたら、
inaka_jikan@yahoo.co.jp
までお送り頂けますと幸いです。また、動物の目撃情報、生息情報などもお待ちしております。現生の動物に限らず、房総半島における過去のニホンカワウソの生息情報も収集しております。

大島健夫公式サイト

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
索引 (40)
更新情報 (1)
哺乳類 (11)
鳥類 (120)
爬虫類 (15)
両生類 (15)
魚類 (25)
昆虫類・イシノミ目 (2)
昆虫類・シミ目 (2)
昆虫類・トンボ目 (49)
昆虫類・ゴキブリ目 (5)
昆虫類・カマキリ目 (6)
昆虫類・ハサミムシ目 (3)
昆虫類・バッタ目 (43)
昆虫類・ナナフシ目 (3)
昆虫類・カメムシ目 (90)
昆虫類・アミメカゲロウ目 (9)
昆虫類・甲虫目 (204)
昆虫類・シリアゲムシ目 (4)
昆虫類・ハエ目 (53)
昆虫類・トビケラ目 (1)
昆虫類・チョウ目 (170)
昆虫類・ハチ目 (45)
鋏角類 (69)
甲殻類 (28)
多足類 (8)
貝類 (26)
環形動物 (2)
扁形動物 (3)
刺胞動物 (5)
棘皮動物 (1)
主要な参考文献 (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR