FC2ブログ
topimage

2019-09

クモンクサカゲロウ - 2019.06.24 Mon

Chrysopa formosa
アミメカゲロウ目クサカゲロウ科
体長 10~15mm


2014050720170629.jpg
(2014年5月 千葉市若葉区)

20190622IMG_9429.jpg
(2019年6月 千葉市美浜区)

頭部に九つの黒い斑紋があるのがその名の由来。草地で見られるが個体数は多くない。成虫、幼虫ともにアブラムシを捕食する肉食。

◎昆虫類・アミメカゲロウ目

スポンサーサイト



ホシウスバカゲロウ - 2019.05.18 Sat

Glenuroides japonicus
アミメカゲロウ目ウスバカゲロウ科
体長 30~35mm


20170107IMG_7635.jpg
(2015年8月 長生郡一宮町)

20190518IMG_8834.jpg
(2019年5月 袖ヶ浦市)

ウスバカゲロウに似るが、翅の先端近くに褐色の斑紋がある。成虫は夏に見られ、暗い場所を好む。幼虫はアリジゴク型。

◎昆虫類・アミメカゲロウ目

ヨツボシクサカゲロウ - 2018.06.30 Sat

Chrysopa pallens
アミメカゲロウ目クサカゲロウ科
体長 15~20mm


20180628IMG_2420.jpg
(2018年6月 八千代市)

正面から見ると顔に四つの黒斑があることが「四つ星」クサカゲロウのの名の由来。成虫・幼虫ともにアブラムシを捕食する。翅は薄い黄緑色で美しい。

◎昆虫類・アミメカゲロウ目の索引

ウスバカゲロウ - 2017.12.09 Sat

Hagenomyia micans
アミメカゲロウ目ウスバカゲロウ科
体長 35mm


2013080820170107.jpg
(2013年8月 袖ヶ浦市)

20130818IMG_1105.jpg
幼虫(2013年8月 千葉市若葉区)

20130818IMG_1108.jpg
砂地に作られた幼虫の巣(2013年8月 千葉市若葉区)

トンボを弱々しくしたようなパタパタした飛び方をし、薄暗い場所を好む。短命なイメージが強いが、実は成虫になってから2、3週間生きる。幼虫はいわゆるアリジゴク。

◎昆虫類・アミメカゲロウ目の索引

ラクダムシ - 2017.12.08 Fri

Inocellia japonica
アミメカゲロウ目ラクダムシ科
体長 10mm


P5186712.jpg
(2012年5月 千葉市稲毛区)

日本国内に生息するラクダムシ科の昆虫は本種のみ。近年は独立のラクダムシ目ともされる。マツ林などで見られる。幼虫は樹皮の下で暮らし、キクイムシの幼虫などを捕食する。

◎昆虫類・アミメカゲロウ目

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。詩人/ネイチャーガイド。千葉市在住。

房総半島に生息する動物の図鑑を目指してほぼ毎日更新しています。写真と文章は全て大島健夫によるものです。無断転載をお断りいたします。

ご意見、ご感想などございましたら、
inaka_jikan@yahoo.co.jp
までお送り頂けますと幸いです。また、動物の目撃情報、生息情報などもお待ちしております。現生の動物に限らず、房総半島における過去のニホンカワウソの生息情報も収集しております。

大島健夫公式サイト

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
索引 (40)
更新情報 (1)
哺乳類 (10)
鳥類 (109)
爬虫類 (15)
両生類 (15)
魚類 (22)
昆虫類・イシノミ目 (1)
昆虫類・シミ目 (2)
昆虫類・トンボ目 (48)
昆虫類・ゴキブリ目 (5)
昆虫類・カマキリ目 (6)
昆虫類・ハサミムシ目 (3)
昆虫類・バッタ目 (40)
昆虫類・ナナフシ目 (3)
昆虫類・カメムシ目 (82)
昆虫類・アミメカゲロウ目 (9)
昆虫類・甲虫目 (176)
昆虫類・シリアゲムシ目 (4)
昆虫類・ハエ目 (47)
昆虫類・トビケラ目 (1)
昆虫類・チョウ目 (155)
昆虫類・ハチ目 (43)
鋏角類 (61)
甲殻類 (25)
多足類 (8)
貝類 (21)
環形動物 (2)
扁形動物 (3)
刺胞動物 (5)
棘皮動物 (1)
主要な参考文献 (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR