topimage

2017-07

モズ - 2017.07.21 Fri

スズメ目モズ科
全長 20cm


blog_import_4f4dde69ee2e9.jpg
♂(2011年3月 千葉市若葉区)

2014021820161026.jpg
♀(2014年2月 千葉市若葉区)

2011062920170721.jpg
バッタを捕食する♂(2011年6月 山武市)

平地から山地まで生息するが、農耕地のような開けた場所を好む。昆虫類、爬虫類、両生類の他、小型の鳥類や哺乳類も捕食する。獲物を枝などに突き刺して「はやにえ」を作るが、その理由はいまだにはっきりと解明されていない。

スポンサーサイト

ホシハジロ - 2017.07.13 Thu

カモ目カモ科
全長45cm


2012102220160829.jpg
手前が♀、奥が♂(2012年10月 千葉市中央区)

blog_import_4f4dcf076f7ce.jpg
越夏個体(2009年8月 千葉市中央区)

キンクロハジロより少し大きい。湖沼や河川、海岸部で見られ、潜水をして採餌する。冬鳥。

オオルリ - 2017.06.24 Sat

スズメ目ヒタキ科
全長 16cm
千葉県RDB・B(重要保護生物)


P5253023.jpg
♂(2011年5月 長野県下伊那郡松川町)


(2011年5月 長野県下伊那郡松川町)

夏鳥。渓流などの水辺に近い森林に生息する。雄は鮮やかな青色をしており、目立つ高木の梢で囀る。

オオヨシキリ - 2017.05.13 Sat

スズメ目ヨシキリ科
全長 18cm
千葉県RDB・D(一般保護生物)


blog_import_4f4dccdc28d9c.jpg
(2009年5月 千葉市若葉区)

夏鳥として平地から山地のアシ原に飛来する。雄は縄張りを持ち、「ギョギョシ、ギョギョシ」と聴こえる大きな声で鳴く。アシの茎などに、植物の繊維を用いてコップ形の非常に精巧な巣を作る。

コチドリ - 2017.04.13 Thu

チドリ目チドリ科
全長 16cm
千葉県RDB・B(重要保護生物)


IMG_75851.jpg
(2013年4月 千葉市若葉区)

日本のチドリ類中、最も小さい。夏鳥として飛来する。水田や河川、干潟などで見られる。複雑な足取りでジグザグに歩いたりすることから「千鳥足」の語源ともなっている。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。詩人/ネイチャーガイド。千葉市在住。

房総半島に生息する動物の図鑑を目指してほぼ毎日更新しています。写真と文章は全て大島健夫によるものです。無断転載をお断りいたします。

ご意見、ご感想などございましたら、
inaka_jikan@yahoo.co.jp
までお送り頂けますと幸いです。また、動物の目撃情報、生息情報などもお待ちしております。現生の動物に限らず、房総半島における過去のニホンカワウソの生息情報も収集しております。

大島健夫公式サイト

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
索引 (37)
更新情報 (1)
哺乳類 (8)
鳥類 (90)
爬虫類 (14)
両生類 (15)
魚類 (17)
昆虫類・トンボ目 (41)
昆虫類・ゴキブリ目 (3)
昆虫類・カマキリ目 (6)
昆虫類・ハサミムシ目 (2)
昆虫類・バッタ目 (32)
昆虫類・ナナフシ目 (3)
昆虫類・カメムシ目 (59)
昆虫類・アミメカゲロウ目 (6)
昆虫類・甲虫目 (81)
昆虫類・シリアゲムシ目 (2)
昆虫類・ハエ目 (18)
昆虫類・チョウ目 (81)
昆虫類・ハチ目 (22)
鋏角類 (31)
甲殻類 (11)
多足類 (2)
貝類 (4)
環形動物 (2)
扁形動物 (3)
刺胞動物 (4)
棘皮動物 (1)
主要な参考文献 (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR