FC2ブログ
topimage

2018-12

ヘラサギ - 2018.11.23 Fri

Platalea leucorodia
ペリカン目トキ科
全長 86cm
環境省RDB・DD(情報不足)


20181123IMG_5766.jpg
(2018年11月 習志野市)

先端が幅広のヘラ型をした嘴が特徴的。サギ科のシラサギの仲間に比べるとがっしりした体格をしている。湖沼、湿地、河川、干潟などで見られる。日本国内では九州に毎年冬鳥として飛来するが、他では数少ない。千葉県にも稀にやってくる。

◎鳥類の索引

スポンサーサイト

セイタカシギ - 2018.11.22 Thu

Himantopus himantopus
チドリ目セイタカシギ科
全長 37cm
環境省RDB・VU(絶滅危惧Ⅱ類)
千葉県RDB・A(最重要保護生物)


2013010620161112.jpg
(2013年1月 習志野市)

20181122IMG_5527.jpg
(2018年11月 習志野市)

東京湾岸では留鳥。非常に脚が長いのが特徴。干潟や湿地で魚類や節足動物を捕食する。

◎鳥類の索引

ミサゴ - 2018.10.23 Tue

Pandion haliaetus
タカ目ミサゴ科
全長 55~60cm
環境省RDB・NT(準絶滅危惧)
千葉県RDB・B(重要保護生物)


20181123IMG_5684.jpg
(2018年11月 習志野市)

20150424IMG_4192.jpg
(2015年4月 山口県長門市)

「魚鷹」の異名を持ち、足で魚を捕食する。汎世界的に分布する鳥で、海岸の他、大きな川や湖沼でも見られる。房総半島では繁殖は確認されていない。東京湾では旅鳥または冬鳥。

◎鳥類の索引

オオセグロカモメ - 2018.09.17 Mon

Larus schistisagus
チドリ目カモメ科
全長 64cm


20180916IMG_4185.jpg
夏羽(2018年9月 北海道釧路市)

セグロカモメより大きい。海岸部や湖沼、河口付近などで見られる。房総半島では冬鳥。雑食性。

◎鳥類の索引

アマサギ - 2018.08.25 Sat

Bubulcus ibis
ペリカン目サギ科
全長50cm


20180824IMG_3246.jpg
(2018年8月 佐倉市)

コサギよりさらに小さい。夏鳥として飛来する。夏羽では頸部と背中が茶褐色をしている。無脊椎動物をよく食べ、そのためトラクターや牛馬のあとをついて農耕地を歩くことがある。

◎鳥類の索引

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。詩人/ネイチャーガイド。千葉市在住。

房総半島に生息する動物の図鑑を目指してほぼ毎日更新しています。写真と文章は全て大島健夫によるものです。無断転載をお断りいたします。

ご意見、ご感想などございましたら、
inaka_jikan@yahoo.co.jp
までお送り頂けますと幸いです。また、動物の目撃情報、生息情報などもお待ちしております。現生の動物に限らず、房総半島における過去のニホンカワウソの生息情報も収集しております。

大島健夫公式サイト

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
索引 (39)
更新情報 (1)
哺乳類 (10)
鳥類 (104)
爬虫類 (15)
両生類 (15)
魚類 (19)
昆虫類・シミ目 (2)
昆虫類・トンボ目 (43)
昆虫類・ゴキブリ目 (3)
昆虫類・カマキリ目 (6)
昆虫類・ハサミムシ目 (3)
昆虫類・バッタ目 (38)
昆虫類・ナナフシ目 (3)
昆虫類・カメムシ目 (71)
昆虫類・アミメカゲロウ目 (9)
昆虫類・甲虫目 (153)
昆虫類・シリアゲムシ目 (4)
昆虫類・ハエ目 (45)
昆虫類・トビケラ目 (1)
昆虫類・チョウ目 (135)
昆虫類・ハチ目 (38)
鋏角類 (54)
甲殻類 (23)
多足類 (8)
貝類 (16)
環形動物 (2)
扁形動物 (3)
刺胞動物 (5)
棘皮動物 (1)
主要な参考文献 (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR