topimage

2017-07

カナブン - 2017.07.16 Sun

甲虫目コガネムシ科
体長 22~30mm


blog_import_4f4dce08eeb9c.jpg
(2009年6月 千葉市若葉区)

blog_import_4f4dcef62ae13.jpg
クヌギの樹液に集まる(2009年8月 千葉市若葉区)

四角い頭部が特徴の、夏の雑木林でおなじみの甲虫。樹液に集まる。体色には個体により様々な変異がある。灯火にもやってくる。

スポンサーサイト

アカホシテントウ - 2017.07.13 Thu

甲虫目テントウムシ科
体長 6~7mm

blog_import_4f4dcf0222766.jpg
(2009年8月 千葉市若葉区)

透明感のある黒い体に、滲んだような赤い斑紋一対入っている。森林や林縁、民家の庭などで見られ、成虫、幼虫ともにカイガラムシを捕食する。


キマダラミヤマカミキリ - 2017.07.11 Tue

甲虫目カミキリムシ科
体長 22~35mm


2011062720170711.jpg
(2011年6月 千葉市若葉区)

全身微細な毛で覆われており、とりわけ雄は触角が長い。幼虫はクヌギやコナラの枯木で発生し、成虫はそのクヌギなどの樹液に集まる。

コガネムシ - 2017.07.10 Mon

甲虫目コガネムシ科
体長 17~24mm


20110613IMG_3775.jpg
(2011年6月 千葉市若葉区)

全身金属的な青緑色で、光の当たり方によって色が変わって見える。幼虫は土中で植物の根を、成虫は葉を食べる。とりわけ広葉樹の葉を好む。

キボシアオゴミムシ - 2017.07.09 Sun

甲虫目オサムシ科
体長 12~13mm


2013100120170709.jpg
(20131001 千葉市若葉区)

林床や林縁、農耕地などで見られる。主に夜行性で、地表を徘徊して小動物を捕食し、また屍肉などにも集まる。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。詩人/ネイチャーガイド。千葉市在住。

房総半島に生息する動物の図鑑を目指してほぼ毎日更新しています。写真と文章は全て大島健夫によるものです。無断転載をお断りいたします。

ご意見、ご感想などございましたら、
inaka_jikan@yahoo.co.jp
までお送り頂けますと幸いです。また、動物の目撃情報、生息情報などもお待ちしております。現生の動物に限らず、房総半島における過去のニホンカワウソの生息情報も収集しております。

大島健夫公式サイト

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
索引 (37)
更新情報 (1)
哺乳類 (8)
鳥類 (90)
爬虫類 (14)
両生類 (15)
魚類 (17)
昆虫類・トンボ目 (41)
昆虫類・ゴキブリ目 (3)
昆虫類・カマキリ目 (6)
昆虫類・ハサミムシ目 (2)
昆虫類・バッタ目 (32)
昆虫類・ナナフシ目 (3)
昆虫類・カメムシ目 (59)
昆虫類・アミメカゲロウ目 (6)
昆虫類・甲虫目 (81)
昆虫類・シリアゲムシ目 (2)
昆虫類・ハエ目 (18)
昆虫類・チョウ目 (81)
昆虫類・ハチ目 (22)
鋏角類 (31)
甲殻類 (11)
多足類 (2)
貝類 (4)
環形動物 (2)
扁形動物 (3)
刺胞動物 (4)
棘皮動物 (1)
主要な参考文献 (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR