topimage

2017-09

キイロホソガガンボ - 2017.09.21 Thu

ハエ目ガガンボ科
体長 12~14mm


2008060620170101.jpg
(2008年6月 千葉市若葉区)

20170921P5016393.jpg
交尾(2012年5月 千葉市若葉区)

黄色い体に黒い模様の入ったガガンボ。平地で普通に見られる。成虫は花の蜜を吸い、幼虫は植物の根を食べる。なお、ガガンボは人の血を吸ったりはしない。

スポンサーサイト

アメリカミズアブ - 2017.09.15 Fri

ハエ目ミズアブ科
体長 15~20mm
外来種


blog_import_4f4dd4aecd46f.jpg
(2008年8月 千葉市若葉区)

アメリカ大陸原産で、現在は世界中にその分布を拡げている。日本には戦後、進駐軍とともにやってきたと考えられている。幼虫はウジ虫型で、腐敗物や堆肥で発生するため、かつては汲み取り式便所の近辺などに多かった。近年ではコンポストなどからも発生している。

マダラガガンボ - 2017.09.14 Thu

ハエ目ガガンボ科
体長 30~40mm


20120328IMG_7437.jpg
(2012年3月 千葉市若葉区)

ミカドガガンボと並んで、日本最大級のガガンボ。翅の濃褐色の斑模様がその名の由来。灯火にも飛来する。幼虫は水生。

シマハナアブ - 2017.09.03 Sun

ハエ目ハナアブ科
体長 10~13mm


2013040820170903.jpg
(2013年4月 千葉市若葉区)

ナミハナアブより若干小柄で、胸部に黒い横縞が入っている。成虫は花に集まるが、幼虫はナミハナアブ同様水生でドブのような汚い水に棲み、腐食物を食べて成長する。

ツマグロキンバエ - 2017.09.01 Fri

ハエ目クロバエ科
体長 5~7mm


blog_import_4f4dd20350ba2.jpg
(2009年11月 千葉市若葉区)

様々な花に集まる。花の蜜を舐めるために突き出た口器が特徴的。複眼には縞模様が入っておりよく見ると美しい。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。詩人/ネイチャーガイド。千葉市在住。

房総半島に生息する動物の図鑑を目指してほぼ毎日更新しています。写真と文章は全て大島健夫によるものです。無断転載をお断りいたします。

ご意見、ご感想などございましたら、
inaka_jikan@yahoo.co.jp
までお送り頂けますと幸いです。また、動物の目撃情報、生息情報などもお待ちしております。現生の動物に限らず、房総半島における過去のニホンカワウソの生息情報も収集しております。

大島健夫公式サイト

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
索引 (38)
更新情報 (1)
哺乳類 (9)
鳥類 (92)
爬虫類 (15)
両生類 (15)
魚類 (17)
昆虫類・シミ目 (2)
昆虫類・トンボ目 (42)
昆虫類・ゴキブリ目 (3)
昆虫類・カマキリ目 (6)
昆虫類・ハサミムシ目 (3)
昆虫類・バッタ目 (34)
昆虫類・ナナフシ目 (3)
昆虫類・カメムシ目 (60)
昆虫類・アミメカゲロウ目 (7)
昆虫類・甲虫目 (111)
昆虫類・シリアゲムシ目 (3)
昆虫類・ハエ目 (27)
昆虫類・チョウ目 (100)
昆虫類・ハチ目 (24)
鋏角類 (39)
甲殻類 (16)
多足類 (3)
貝類 (9)
環形動物 (2)
扁形動物 (3)
刺胞動物 (4)
棘皮動物 (1)
主要な参考文献 (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR