topimage

2017-07

シオヤアブ - 2017.07.17 Mon

ハエ目ムシヒキアブ科
体長 22~30mm


2013070220170124.jpg
♂(2013年7月 千葉市若葉区)

20150521IMG_4989.jpg
♀(2015年5月 千葉市美浜区)

2014072420170124.jpg
ニイニイゼミを捕食する♀(2014年7月 千葉市若葉区)

20170714IMG_8065.jpg
交尾(2017年7月 千葉市若葉区)

見通しのいい葉上などで獲物を待ち受け、背後上空からの急降下襲撃方式で様々な昆虫を襲い、鋭い口吻を突き刺して捕食する。雄には腹の先端に白い房毛がある。

スポンサーサイト

ミカドガガンボ - 2017.07.03 Mon

ハエ目ガガンボ科
体長 30~40mm


20170628IMG_7883.jpg
(2017年6月 袖ヶ浦市)

日本最大のガガンボ。翅を拡げると8cmほどにまで達し、翅音も大きい。低山地の林縁でよく見られる。幼虫は水生で腐食物を食べ、成虫はほぼ水を摂取するのみ。

ハチモドキハナアブ - 2017.06.14 Wed

ハエ目ハナアブ科
体長 15~20mm


20170607IMG_7658.jpg
(2017年6月 富津市)

ドロバチの仲間に擬態していると考えられている。その配色、腰がくびれている点などハチに酷似しているが、触角は中心から突き出た独特のY字型をしている。広葉樹林で見られ、樹液にやってくる。

アカウシアブ - 2017.06.08 Thu

ハエ目アブ科
体長 20~30mm


20160808IMG_3734.jpg
(2016年8月 鴨川市)

ウシアブよりさらに大きい。黄色と黒の縞模様はオオスズメバチに擬態していると考えられている。山地の渓流付近で見られ、動物の血を吸う。無毒だが刺されると痛いので注意。

アシナガムシヒキ - 2017.06.08 Thu

ハエ目ムシヒキアブ科
体長 20~27mm


20170607IMG_7585.jpg
(2017年6月 富津市)

ガガンボの仲間のように脚が長いムシヒキアブ。静止時は脚を一本上げていることが多い。林縁の植物上などで見られる。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。詩人/ネイチャーガイド。千葉市在住。

房総半島に生息する動物の図鑑を目指してほぼ毎日更新しています。写真と文章は全て大島健夫によるものです。無断転載をお断りいたします。

ご意見、ご感想などございましたら、
inaka_jikan@yahoo.co.jp
までお送り頂けますと幸いです。また、動物の目撃情報、生息情報などもお待ちしております。現生の動物に限らず、房総半島における過去のニホンカワウソの生息情報も収集しております。

大島健夫公式サイト

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
索引 (37)
更新情報 (1)
哺乳類 (8)
鳥類 (90)
爬虫類 (14)
両生類 (15)
魚類 (17)
昆虫類・トンボ目 (41)
昆虫類・ゴキブリ目 (3)
昆虫類・カマキリ目 (6)
昆虫類・ハサミムシ目 (2)
昆虫類・バッタ目 (32)
昆虫類・ナナフシ目 (3)
昆虫類・カメムシ目 (59)
昆虫類・アミメカゲロウ目 (6)
昆虫類・甲虫目 (81)
昆虫類・シリアゲムシ目 (2)
昆虫類・ハエ目 (18)
昆虫類・チョウ目 (81)
昆虫類・ハチ目 (22)
鋏角類 (31)
甲殻類 (11)
多足類 (2)
貝類 (4)
環形動物 (2)
扁形動物 (3)
刺胞動物 (4)
棘皮動物 (1)
主要な参考文献 (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR