topimage

2016-08

コシボソヤンマ - 2016.08.31 Wed

トンボ目ヤンマ科
体長 75~90mm
千葉県RDB・C(要保護生物)


20160831.jpg
(2016年8月 袖ヶ浦市)

2016022520160831.jpg
幼虫(2016年2月 袖ヶ浦市)

成虫は腹部第3節が極端にくびれているのが特徴。幼虫は平地や丘陵地の、樹木の多い緩やかな流れで発生する。県内では房総丘陵を中心に生息。日本固有種。
スポンサーサイト

トモエガモ - 2016.08.30 Tue

カモ目カモ科
全長40cm
環境省RDB・VU(絶滅危惧Ⅱ類)
千葉県RDB・B(重要保護生物)


20130208IMG_4758.jpg
(2013年2月 千葉市若葉区)

小型のカモ類。河川や湖沼で見られる。冬鳥として飛来するが、近年減少している。

ヨシガモ - 2016.08.30 Tue

カモ目カモ科
全長 ♂53cm・♀48cm
千葉県RDB・B(重要保護生物)


2014012120160830.jpg
♂(2014年1月 千葉市緑区)

20140121220160830.jpg
♀(2014年1月 千葉市緑区)

2016011420160830.jpg
ヒドリガモとの交雑種(2016年1月 千葉市美浜区)

中型のカモ類。湖沼、河川、干潟、海岸などで見られる。雄は三列風切羽が特徴的。冬鳥。

マガモ - 2016.08.29 Mon

カモ目カモ科
全長60cm


2013120520160829.jpg
左奥が♂、右手前が♀(2013年12月 千葉市若葉区)

房総半島では冬鳥。河川、湖沼、水田などで見られる。本種を家禽化したものがアヒル。

ヒドリガモ - 2016.08.29 Mon

カモ目カモ科
♂53cm・♀43cm


2013030620160829.jpg
♂(2013年3月 東京都江東区)

20130306201608291.jpg
♀(2013年3月 東京都江東区)


(2013年3月 習志野市)

冬鳥。湖沼や河川でも見られるが、海岸や干潟にも多く見られ、群を形成する。雄は頭部がクリーム色をしている。

ハシビロガモ - 2016.08.28 Sun

カモ目カモ科
全長50cm


2012021120160828.jpg
♂(2012年2月 千葉市中央区)

2014031720160828.jpg
♀(2014年3月 千葉市中央区)

シャベル状の形をした嘴が特徴的なカモ。湖沼、河川などで見られる。冬鳥。

スズガモ - 2016.08.28 Sun

カモ目カモ科
全長45cm
千葉県RDB・D(一般保護生物)


2012022120160828.jpg
手前が♂、奥が♀(2012年2月 千葉市中央区)

20170125IMG_5879.jpg
(2017年1月 船橋市)

キンクロハジロよりやや大きい。潜水をして甲殻類や貝類などを捕食する。湖沼、海岸部などで見られ、大きな群を形成することもある。冬鳥。

キンクロハジロ - 2016.08.28 Sun

カモ目カモ科
全長44cm


2013022220160828.jpg
♂(2013年2月 千葉市中央区)

2013010420160828.jpg
♀(2013年1月 千葉市中央区)

潜水をして甲殻類や水草などを食べる小型のカモ。河川・湖沼などの他、海岸でも見られる。雄の後頭部には長い冠羽がある。冬鳥。

オナガガモ - 2016.08.27 Sat

カモ目カモ科
全長 ♂75cm・♀53cm


201301201.jpg
♂(2013年1月 東京都江東区)

20160207IMG_0965.jpg
♀(2016年2月 千葉市美浜区)

雄は尾羽が長い。冬鳥として飛来し、湖沼、河川などの他、海岸や干潟でも見られる。

オシドリ - 2016.08.25 Thu

カモ目カモ科
全長41~48cm
環境省RDB・DD(情報不足)
千葉県RDB・B(重要保護生物)


2012101520160825.jpg
手前が♀、奥が♂(2012年10月 千葉市若葉区)

湖沼、河川、水田などで見られる。繁殖期の雄は非常に鮮やかな姿であるが、非繁殖期には雌と似た羽の色になる。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。詩人/ネイチャーガイド。千葉市在住。

房総半島に生息する動物の図鑑を目指してほぼ毎日更新しています。写真と文章は全て大島健夫によるものです。無断転載をお断りいたします。

ご意見、ご感想などございましたら、
inaka_jikan@yahoo.co.jp
までお送り頂けますと幸いです。また、動物の目撃情報、生息情報などもお待ちしております。現生の動物に限らず、房総半島における過去のニホンカワウソの生息情報も収集しております。

大島健夫公式サイト

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
索引 (37)
更新情報 (1)
哺乳類 (8)
鳥類 (90)
爬虫類 (14)
両生類 (15)
魚類 (17)
昆虫類・トンボ目 (41)
昆虫類・ゴキブリ目 (3)
昆虫類・カマキリ目 (6)
昆虫類・ハサミムシ目 (2)
昆虫類・バッタ目 (33)
昆虫類・ナナフシ目 (3)
昆虫類・カメムシ目 (59)
昆虫類・アミメカゲロウ目 (6)
昆虫類・甲虫目 (82)
昆虫類・シリアゲムシ目 (2)
昆虫類・ハエ目 (20)
昆虫類・チョウ目 (81)
昆虫類・ハチ目 (22)
鋏角類 (31)
甲殻類 (11)
多足類 (2)
貝類 (4)
環形動物 (2)
扁形動物 (3)
刺胞動物 (4)
棘皮動物 (1)
主要な参考文献 (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR