topimage

2016-10

ヤマガラ - 2016.10.28 Fri

スズメ目シジュウカラ科
全長 14cm


20160501IMG_2147.jpg
(2016年5月 袖ヶ浦市)


(2014年11月 千葉市中央区)

留鳥。平地から山地の明るい広葉樹林でよく見られる。かつてはおみくじ引きなどの芸をする鳥としても知られた。
スポンサーサイト

キマダラカメムシ - 2016.10.28 Fri

カメムシ目カメムシ科
体長 20~25mm
外来種


20161028IMG_4848.jpg
(2016年10月 山口県長門市)

東南アジア原産で、日本には江戸時代に長崎の出島経由で侵入したと考えられている。サクラ、カキなど様々な樹木につく。近年、生息域を急速に拡大しており、首都圏にも進出している。

棘皮動物の索引 - 2016.10.27 Thu

◆アカヒトデ目
イトマキヒトデ

※種名末尾のアルファベットは千葉県レッドデータブックにおけるランク。(外)は外来種。(国外)は国内外来種。

イトマキヒトデ - 2016.10.27 Thu

アカヒトデ目イトマキヒトデ科
輻長 7cm


20161027IMG_4796.jpg
(2016年10月 山口県長門市)

海岸で普通に見られるヒトデ。口から胃を吐き出して獲物に押しつけ、体外消化して捕食する。

メジロ - 2016.10.26 Wed

スズメ目メジロ科
全長 12cm


2010021820161026.jpg
(2010年2月 千葉市若葉区)

留鳥。腹部から胸部が白い以外は全身鮮やかな黄緑色で、目の周りにも白いリングがある。人里近くにも多く、都市公園などでも見られる。雑食性だが、とりわけ様々な花の蜜を好む。しばしばウグイスと混同される。

ヒガシニホントカゲ - 2016.10.25 Tue

有鱗目トカゲ亜目トカゲ科
全長 15~25cm
千葉県RDB・B(重要保護生物)


2013031920161025.jpg
成体♂(2013年3月 千葉市若葉区)

2010092620161025.jpg
幼体(2010年9月 八千代市)


(2014年4月 千葉市若葉区)

東日本に産するトカゲと西日本に産するトカゲとは遺伝子レベルでかなりの違いがあることが従来から知られていたが、2012年、東日本およびロシア沿海州の個体はニホントカゲとは別種のヒガシニホントカゲとして記載された。鱗はニホンカナヘビと異なり滑らかで、幼体は黒・緑・青の鮮やかな色彩を持つが、雄は成長すると茶褐色となる。雌は成長しても幼体時の色彩をある程度残す。繁殖期には雄は互いの頭を噛み合う闘争を行う。平地から山地の日当たりの良い斜面に好んで生息する。

クマバチ - 2016.10.25 Tue

ハチ目ミツバチ科
体長 20~24mm


2011042520161025.jpg
(2011年4月 千葉市若葉区)

黒くて大きな体と、重低音の羽音が特徴。様々な花に集まる。恐ろしげな姿だが、性格はおとなしく滅多に刺すことはない。

ハラアカコブカミキリ - 2016.10.25 Tue

甲虫目カミキリムシ科
体長 15~30mm
国内外来種


20161025IMG_4735.jpg
(2016年10月 島根県津和野市)

元来、国内では対馬にしか生息していなかったが、シイタケの原木とともに九州に上陸、西日本を中心に分布を拡げ、シイタケの害虫として問題になっている。千葉県では2014年に発生が確認された。

や行の索引 - 2016.10.25 Tue

◆や
<やた~やと>
ヤツガシラ 
<やな~やの>
ヤナギカワウンカ ヤニサシガメ 
<やは~やほ>
ヤハズカミキリ ヤブキリ ヤブヤンマ(D) 
<やま~やも>
ヤマアカガエル(D) ヤマカガシ(D) ヤマガラ ヤマキマダラヒカゲ房総半島亜種(C) ヤマクダマキモドキ ヤマサナエ(D) ヤマトオサガニ(D) ヤマトクサカゲロウ ヤマトクロスジヘビトンボ ヤマトシジミ ヤマトシミ ヤマトシリアゲ(D) ヤマトタマムシ(D) ヤマトヌマエビ(C) ヤマドリ(C) ヤマビル ヤママユ
◆ゆ
<ゆあ~ゆお>
ユウグモノメイガ ユウマダラエダシャク
<ゆは~ゆほ>
ユビナガホンヤドカリ 
<ゆら~ゆろ>
ユリカモメ
◆よ
<よか~よこ>
ヨコジマオオハリバエ ヨコヅナサシガメ(外) 
<よさ~よそ>
ヨシガモ(B) 
<よた~よと>
ヨダンハエトリ ヨツスジハナカミキリ ヨツボシオオキスイ ヨツボシケシキスイ ヨツボシテントウダマシ ヨツモンクロツツハムシ

※種名末尾のアルファベットは千葉県レッドデータブックにおけるランク。(外)は外来種。(国外)は国内外来種。


ま行の索引 - 2016.10.25 Tue

◆ま
<まあ~まお>
マイコアカネ マイマイガ マエキトビエダシャク
<まか~まこ>
マガモ マガン(X) マガリケムシヒキ マクラギヤスデ
<また~まと>
マダラアシゾウムシ マダラガガンボ マダラカマドウマ マツアトキハマキ マツムシモドキ マツモムシ
<まは~まほ>
マヒワ
<まま~まも> 
マミジロハエトリ マメゲンゴロウ マメハンミョウ マメコガネ 
<まや~まよ>
マユタテアカネ
<まら~まろ>
マルウンカ マルガタゲンゴロウ(B) マルカメムシ マルボシハナバエ
◆み
<みあ~みお>
ミイデラゴミムシ 
<みか~みこ>
ミカドアゲハ ミカドガガンボ
<みさ~みそ>
ミサゴ(B) ミシシッピアカミミガメ(外) ミズカマキリ ミズクラゲ ミスジハエトリ ミスジマイマイ
<みた~みと> 
ミツボシツチカメムシ ミツモンキンウワバ ミドリシジミ(C) ミドリバエ(D) ミドリヒョウモン(C)
<みな~みの> 
ミナミアオカメムシ ミナミカマバエ ミノウスバ 
<みま~みも>
ミミズク
<みや~みよ>
ミヤケミズムシ ミヤコドリ(A) ミヤマアカネ(X) ミヤマクワガタ(D) ミヤマセセリ(B) ミユビシギ(D) 
<みら~みろ>
ミルンヤンマ
<みわ~みん>
ミンミンゼミ
◆む
<むあ~むお>
ムーアシロホシテントウ
<むか~むこ>
ムクドリ 
<むな~むの>
ムネアカアワフキ ムネアカオオアリ ムネアカセンチコガネ(D) ムネクリイロボタル
<むま~むも>
ムモンホソアシナガバチ
<むら~むろ>
ムラサキシジミ
◆め
<めさ~めそ>
メジロ メスグロヒョウモン 
<めた~めと>
メダイチドリ(C) メダカ(B)
◆も
<もか~もこ>
モクズガニ(D)
<もさ~もそ>
モズ 
<もた~もと>
モツゴ(D) モートンイトトンボ(B) 
<もま~もも>
モモスズメ モモノゴマダラノメイガ モモブトカミキリモドキ モモブトスカシバ 
<もら~もろ>
モリアオガエル(C) モリチャバネゴキブリ 
<もわ~もん>
モンオビオエダシャク モンキアゲハ モンキチョウ モンクロシャチホコ モンシロチョウ モンスズメバチ

※種名末尾のアルファベットは千葉県レッドデータブックにおけるランク。(外)は外来種。(国外)は国内外来種。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。詩人/ネイチャーガイド。千葉市在住。

房総半島に生息する動物の図鑑を目指してほぼ毎日更新しています。写真と文章は全て大島健夫によるものです。無断転載をお断りいたします。

ご意見、ご感想などございましたら、
inaka_jikan@yahoo.co.jp
までお送り頂けますと幸いです。また、動物の目撃情報、生息情報などもお待ちしております。現生の動物に限らず、房総半島における過去のニホンカワウソの生息情報も収集しております。

大島健夫公式サイト

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
索引 (38)
更新情報 (1)
哺乳類 (9)
鳥類 (98)
爬虫類 (15)
両生類 (15)
魚類 (18)
昆虫類・シミ目 (2)
昆虫類・トンボ目 (42)
昆虫類・ゴキブリ目 (3)
昆虫類・カマキリ目 (6)
昆虫類・ハサミムシ目 (3)
昆虫類・バッタ目 (36)
昆虫類・ナナフシ目 (3)
昆虫類・カメムシ目 (61)
昆虫類・アミメカゲロウ目 (7)
昆虫類・甲虫目 (128)
昆虫類・シリアゲムシ目 (4)
昆虫類・ハエ目 (40)
昆虫類・チョウ目 (114)
昆虫類・ハチ目 (26)
鋏角類 (42)
甲殻類 (19)
多足類 (4)
貝類 (11)
環形動物 (2)
扁形動物 (3)
刺胞動物 (4)
棘皮動物 (1)
主要な参考文献 (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR