topimage

2016-11

カタクリハムシ - 2016.11.28 Mon

甲虫目ハムシ科
体長 6mm


2008050820161128.jpg
(2008年5月 千葉市若葉区)

名前の通り、カタクリその他のユリ科植物を食草とする。赤い体が美しい。個体数は多くない。
スポンサーサイト

アオスジアゲハ - 2016.11.28 Mon

チョウ目アゲハチョウ科
開張 80mm


20150625IMG_6183.jpg
(2015年6月 千葉市中央区)


(2014年7月 千葉市緑区)

幼虫の食草はクスノキであるため、街路樹にクスノキがあれば都市部でも見られる。日本国外では東南アジアからオーストラリアまで広く分布する南方系のチョウ。

ユリカモメ - 2016.11.26 Sat

チドリ目カモメ科
全長 40cm


2012111320161126.jpg
冬羽(2012年11月 千葉市中央区)

2014040920161126.jpg
夏羽(2014年4月 東京都江東区)

20160208IMG_0998.jpg
若鳥(2016年2月 東京都台東区)

冬鳥として飛来する。海岸部に多いが、内陸の河川や湖沼でも見られる。赤い嘴と脚が特徴。

メダイチドリ - 2016.11.26 Sat

チドリ目チドリ科
全長 19cm
千葉県RDB・C(要保護生物)


20160419IMG_1808.jpg
(2016年4月 習志野市)

旅鳥。主に干潟に飛来し、ゴカイ類を採食する。

クロカタビロオサムシ - 2016.11.24 Thu

甲虫目オサムシ科
体長 22~31mm
千葉県RDB・A(最重要保護生物)


2008051720161124.jpg
(2008年5月 千葉市若葉区)

オサムシの仲間はほとんどが飛べないが、本種は後翅が発達しており飛ぶことができる。ガの幼虫をよく捕食する。房総半島での記録は少ない。

マミジロハエトリ - 2016.11.24 Thu

クモ目ハエトリグモ科
体長 6~8mm


2011060320161124.jpg
♀(2011年6月 千葉市若葉区)

垣根や植込み、丈の低い草木などでよく見られるハエトリグモ。マミジロとは漢字で書くと「眉白」で、雄は眼の上が白い。

ミユビシギ - 2016.11.23 Wed

チドリ目シギ科
全長 19cm
千葉県RDB・D


20160207IMG_0946.jpg
冬羽(2016年2月 千葉市美浜区)

20150904IMG_8463.jpg
夏羽(2015年9月 千葉市美浜区)


(2015年1月 千葉市中央区)


(2016年1月 千葉市美浜区)

房総半島では旅鳥または冬鳥。海岸部で見られる。主に群で暮らし、波打ち際で波と追いかけっこをしながら貝類や甲殻類などを採食する。

ホウロクシギ - 2016.11.23 Wed

チドリ目シギ科
全長 62cm
環境省RDB・VU(絶滅危惧Ⅱ類)
千葉県RDB・A(最重要保護生物)


20160419IMG_1777.jpg
(2016年4月 習志野市)

20160419IMG_1667.jpg
カニを捕食する(2016年4月 習志野市) 


(2016年4月 習志野市)

日本に飛来するシギ中、最も大きい。房総半島では冬鳥。干潟や河口域などで見られる。長く湾曲した嘴で小動物を捕食する。

オオヒラタシデムシ - 2016.11.22 Tue

甲虫目シデムシ科
体長 23mm


2013052120161122.jpg
(2013年5月 千葉市若葉区)

blog_import_4f4dc6f44a6b6.jpg
幼虫(2008年7月 千葉市若葉区)

平地から山地まで普通に見られる。地面を歩き回り、動物の死骸や糞を餌とする、いわば「自然界の掃除屋」。

マガリケムシヒキ - 2016.11.22 Tue

ハエ目ムシヒキアブ科
体長 15~20mm


blog_import_4f4dc4f1b84cd.jpg
♂(2008年5月 千葉市若葉区)

blog_import_4f4dc539087c8.jpg
♀(2008年5月 千葉市若葉区)

林縁でよく見られるムシヒキアブ。脚の脛節はオレンジ色をしている。小型の昆虫を襲い、口吻を突き刺して捕食する。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。詩人/ネイチャーガイド。千葉市在住。

房総半島に生息する動物の図鑑を目指してほぼ毎日更新しています。写真と文章は全て大島健夫によるものです。無断転載をお断りいたします。

ご意見、ご感想などございましたら、
inaka_jikan@yahoo.co.jp
までお送り頂けますと幸いです。また、動物の目撃情報、生息情報などもお待ちしております。現生の動物に限らず、房総半島における過去のニホンカワウソの生息情報も収集しております。

大島健夫公式サイト

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
索引 (38)
更新情報 (1)
哺乳類 (8)
鳥類 (92)
爬虫類 (15)
両生類 (15)
魚類 (17)
昆虫類・シミ目 (2)
昆虫類・トンボ目 (42)
昆虫類・ゴキブリ目 (3)
昆虫類・カマキリ目 (6)
昆虫類・ハサミムシ目 (3)
昆虫類・バッタ目 (34)
昆虫類・ナナフシ目 (3)
昆虫類・カメムシ目 (60)
昆虫類・アミメカゲロウ目 (7)
昆虫類・甲虫目 (110)
昆虫類・シリアゲムシ目 (3)
昆虫類・ハエ目 (27)
昆虫類・チョウ目 (99)
昆虫類・ハチ目 (24)
鋏角類 (39)
甲殻類 (16)
多足類 (3)
貝類 (9)
環形動物 (2)
扁形動物 (3)
刺胞動物 (4)
棘皮動物 (1)
主要な参考文献 (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR