topimage

2017-06

サトキマダラヒカゲ - 2017.06.30 Fri

チョウ目タテハチョウ科
開張 60mm


blog_import_4f4dcf4510d42.jpg
(2009年8月 長生郡長柄町)

森林性のチョウ。広葉樹林や、樹木の多い民家の庭などで見られる。樹液な動物の糞によく集まる。幼虫の食草はタケやササ類。日本固有種。

スポンサーサイト

イオウイロハシリグモ - 2017.06.30 Fri

クモ目キシダグモ科
体長 15~40mm


20170628IMG_7969.jpg
(2017年6月 袖ヶ浦市)

2013062820170630.jpg
体色や模様は個体により変化に富む(2013年6月 千葉市若葉区)

IMG_0840.jpg
卵嚢を口器でくわえた♀(2012年10月 千葉市若葉区)

blog_import_4f4dd1c6809cd.jpg
ニホンアマガエルを捕食する(2009年7月 千葉市若葉区)


サトキマダラヒカゲを捕食する(2017年6月 袖ヶ浦市)

大型のキシダグモ。脚を拡げると8cmほどにまで達することもある。網を張らず、林縁の植物上などで獲物を待ち受けて捕食する。


ツノトンボ - 2017.06.29 Thu

アミメカゲロウ目ツノトンボ科
開張 70mm
千葉県RDB・C(要保護生物)


2014081120170629.jpg
(2014年8月 袖ヶ浦市)

20160726IMG_3630.jpg
(2016年7月 長生郡一宮町)

一見トンボに似るがアミメカゲロウ目。触角は非常に長い。ススキの生育する草原や林縁で見られる。肉食性で、小昆虫を捕食する。

クモンクサカゲロウ - 2017.06.29 Thu

アミメカゲロウ目クサカゲロウ科
体長 10~15mm


2014050720170629.jpg
(2014年5月 千葉市若葉区)

頭部に九つの黒い斑紋があるのがその名の由来。草地で見られるが個体数は多くない。成虫、幼虫ともにアブラムシを捕食する肉食。

シマアメンボ - 2017.06.27 Tue

カメムシ目アメンボ科
体長 5~7mm


2011092820170627.jpg
(2011年9月 千葉市中央区)

水質の良い流水に生息する。水面を素早く動き回る。ほとんどは無翅型で、京劇の隈取のような縞模様が目立つが、稀に長翅型も出現する。

コシマゲンゴロウ - 2017.06.26 Mon

甲虫目ゲンゴロウ科
体長 10~11mm


20160831IMG_4115.jpg
(2016年8月 袖ヶ浦市)

blog_import_4f4de3c1ccfc1.jpg
スズメガの幼虫の死骸に群がる(2011年9月 千葉市若葉区)

金色の鞘翅に黒い縦縞が多数入った小型のゲンゴロウ。水田や水路、池沼などで見られる。水生小動物を捕食する他、死骸にも集まる。夜は灯火にもやってくる。

オオフタオビドロバチ - 2017.06.26 Mon

ハチ目スズメバチ科
体長 15~20mm


blog_import_4f4dcfb217fac.jpg
(2009年8月 千葉市若葉区)

黒地に鮮やかな黄色の模様がよく目立つ。竹筒や木材の穴などの内部に泥で幼虫のための部屋を作って産卵し、餌としてイモムシを狩ってきてそこに餌として詰め込む。

ホタルガ - 2017.06.26 Mon

チョウ目マダラガ科
開張 45~60mm


2013061620170626.jpg
(2013年6月 東京都江東区)

赤い頭部と黒い体がホタルを連想させるところから「蛍蛾」。日中に飛び、薄暗い森林に多いが住宅地でも見かける。幼虫の食草はサカキやヒサカキなど。

セグロカブラハバチ - 2017.06.25 Sun

ハチ目ハバチ科
体長 6~7mm


blog_import_4f4dcdff7526e.jpg
(2009年6月 千葉市若葉区)

体は橙色で背面は黒い。幼虫の食草はカブなどのアブラナ科植物。

ホウネンエビ - 2017.06.25 Sun

無甲目ホウネンエビ科
体長 15~20mm


20110525P52531441.jpg
(2011年5月 長野県下伊那郡松川町)

初夏の水田に現れる甲殻類。鰓脚を動かして仰向けに泳ぐ。卵は土中で越冬し、翌年に水田に水が入ると孵化する。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。詩人/ネイチャーガイド。千葉市在住。

房総半島に生息する動物の図鑑を目指してほぼ毎日更新しています。写真と文章は全て大島健夫によるものです。無断転載をお断りいたします。

ご意見、ご感想などございましたら、
inaka_jikan@yahoo.co.jp
までお送り頂けますと幸いです。また、動物の目撃情報、生息情報などもお待ちしております。現生の動物に限らず、房総半島における過去のニホンカワウソの生息情報も収集しております。

大島健夫公式サイト

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
索引 (37)
更新情報 (1)
哺乳類 (8)
鳥類 (90)
爬虫類 (14)
両生類 (15)
魚類 (17)
昆虫類・トンボ目 (41)
昆虫類・ゴキブリ目 (3)
昆虫類・カマキリ目 (6)
昆虫類・ハサミムシ目 (2)
昆虫類・バッタ目 (32)
昆虫類・ナナフシ目 (3)
昆虫類・カメムシ目 (59)
昆虫類・アミメカゲロウ目 (6)
昆虫類・甲虫目 (81)
昆虫類・シリアゲムシ目 (2)
昆虫類・ハエ目 (18)
昆虫類・チョウ目 (81)
昆虫類・ハチ目 (22)
鋏角類 (31)
甲殻類 (11)
多足類 (2)
貝類 (4)
環形動物 (2)
扁形動物 (3)
刺胞動物 (4)
棘皮動物 (1)
主要な参考文献 (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR