FC2ブログ
topimage

2017-09

クロホシタマムシ - 2017.09.30 Sat

Ovalisia virgata
甲虫目タマムシ科
体長 9~12mm


2012062320170930.jpg
(2012年6月 千葉市若葉区)

広葉樹の倒木や枯木から発生する、里山のタマムシ。金属光沢のある体色は光線の当たり方によって様々な見え方に変化する。房総半島における生息数は多くない。

◎昆虫類・甲虫目の索引

スポンサーサイト



ウラギンシジミ - 2017.09.30 Sat

Curetis acuta
チョウ目シジミチョウ科
開張 35~40mm


2008081120170711.jpg
♀(2008年8月 千葉市若葉区)

2014093020170711.jpg
♂(2014年9月 佐倉市)

20110619IMG_3874.jpg
♂。翅の裏は雌雄とも銀白色(2011年6月 千葉市若葉区)


(2017年9月 袖ヶ浦市)

銀白色の翅の裏が特徴的。林縁や草地で見られる。幼虫の食草はマメ科のクズやフジなどのため、都市公園でも発生する。成虫は腐った果実や獣糞によく集まる。

◎昆虫類・チョウ目の索引

ツグミ - 2017.09.28 Thu

Turdus naumanni
スズメ目ヒタキ科
全長 24cm


2013012820161011.jpg
(2013年1月 千葉市若葉区)

2015021220170928.jpg
(2015年2月 袖ヶ浦市)

代表的な冬鳥のひとつ。農耕地、河川敷、公園など開けた場所を好む。年が明ける頃には地上で採餌する姿がよく見られるようになる。

◎鳥類の索引

ウソ - 2017.09.27 Wed

Pyrrhula pyrrhula
スズメ目アトリ科
全長 16cm


20160125IMG_0832.jpg
♀(2016年1月 袖ヶ浦市)

房総半島では冬鳥。森林で見られる。雄の頬と喉は鮮やかな紅色をしている。「フィー、フィー」と聴こえる口笛のような声で啼く。

◎鳥類の索引

ミカドアゲハ - 2017.09.27 Wed

Graphium doson
チョウ目アゲハチョウ科
開張 70~80mm


20151213IMG_0379.jpg
(2015年12月 タイ・チェンマイ)

南方系のチョウで、国内では西日本に生息する。千葉県では過去に館山市で迷蝶が記録されている。幼虫の食草はモクレン科のオダマキノキ、タイサンボクなど。

◎昆虫類・チョウ目の索引

アシブトハナアブ - 2017.09.25 Mon

Helophilus virgatus
ハエ目ハナアブ科
体長 12~16mm


2014031220170925.jpg
(2014年3月 千葉市若葉区)

胸部の縦線、腹部の横縞に特徴がある、やや大型のハナアブ。名前の通り後脚の腿の部分が太い。成虫は様々な花に集まる。幼虫は水生で、いわゆる「オナガウジ」型。

◎昆虫類・ハエ目の索引

モンオビオエダシャク - 2017.09.23 Sat

Plesiomorpha punctilinearia
チョウ目シャクガ科
開張 26~27mm

blog_import_4f4dd666bb291 (1)
(2010年4月 千葉市若葉区)

赤褐色の翅に黒点がちりばめられたエダシャク。幼虫の食草はモチノキ科のイヌツゲ。灯火にも飛来する。

◎昆虫類・チョウ目の索引

ニホンカワトンボ - 2017.09.23 Sat

Mnais costalis
トンボ目カワトンボ科
体長 48~64mm


2014050820170302.jpg
無色翅型♂(2014年5月 千葉市緑区)

2012053020170302.jpg
橙色翅型♂(2012年5月 千葉市若葉区)

20170517IMG_7266.jpg
無色翅型♂と無色翅型♀の連接(2017年5月 袖ヶ浦市)

2012052320170923.jpg
未成熟の橙色翅型♂。未成熟個体は複眼が白濁している(2012年5月 千葉市若葉区)

20150417IMG_3926.jpg
未成熟の無色翅型♀(2015年4月 袖ヶ浦市)

blog_import_4f4de40e2b231.jpg
幼虫(2011年9月 千葉市若葉区)


(2012年5月 千葉市若葉区)

平地から山地の水質の良い流れで発生する。成虫は4月から出現する。翅の色には橙色型から無色型まで様々な変異があり、しかも成熟した橙色翅型の雄は腹部に白銀色の粉を吹くので、一見して同種のトンボとは思えないほどその姿はバラエティに富む。

◎昆虫類・トンボ目の索引

ドブネズミ - 2017.09.22 Fri

Rattus norvegicus
齧歯目ネズミ科
頭胴長 15~28cm


20151110IMG_9867.jpg
(2015年11月 東京都台東区)

河川や海岸や湖沼のそば、下水、ゴミ捨て場付近などの湿った場所を好む大型のネズミ。市街地でもしばしば姿を現す。日本列島には有史以前に帰化したものと考えられている。写真は上野動物園のゴリラ舎でゴリラの餌を食べに出てきていたもの。ここでは野菜を食べていたが、肉食性も強い雑食である。

◎哺乳類の索引

ヨツボシケシキスイ - 2017.09.22 Fri

Librodor japonicus
甲虫目ケシキスイ科
体長 7~14mm


20170607IMG_7662.jpg
(2017年6月 富津市)

黒地に四つの赤い斑紋が特徴。クヌギやコナラの樹液に集まる。産卵も樹皮の間に行うなど、雑木での生活によく適応している。

◎昆虫類・甲虫目の索引

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。詩人/ネイチャーガイド。千葉市在住。

房総半島に生息する動物の図鑑を目指して更新を続けるという無謀なサイトです。写真と文章は全て大島健夫によるものです。無断転載をお断りいたします。

ご意見、ご感想などございましたら、
inaka_jikan@yahoo.co.jp
までお送り頂けますと幸いです。また、動物の目撃情報、生息情報などもお待ちしております。現生の動物に限らず、房総半島における過去のニホンカワウソの生息情報も収集しております。

大島健夫公式サイト

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
索引 (40)
更新情報 (1)
哺乳類 (11)
鳥類 (120)
爬虫類 (15)
両生類 (15)
魚類 (25)
昆虫類・イシノミ目 (2)
昆虫類・シミ目 (2)
昆虫類・トンボ目 (49)
昆虫類・ゴキブリ目 (5)
昆虫類・カマキリ目 (6)
昆虫類・ハサミムシ目 (3)
昆虫類・バッタ目 (43)
昆虫類・ナナフシ目 (3)
昆虫類・カメムシ目 (90)
昆虫類・アミメカゲロウ目 (9)
昆虫類・甲虫目 (204)
昆虫類・シリアゲムシ目 (4)
昆虫類・ハエ目 (53)
昆虫類・トビケラ目 (1)
昆虫類・チョウ目 (170)
昆虫類・ハチ目 (45)
鋏角類 (69)
甲殻類 (28)
多足類 (8)
貝類 (26)
環形動物 (2)
扁形動物 (3)
刺胞動物 (5)
棘皮動物 (1)
主要な参考文献 (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR