FC2ブログ
topimage

2018-02

ナガサキアゲハ - 2018.02.02 Fri

Papilio memnon
チョウ目アゲハチョウ科
開張 110~120mm


2009092020170418.jpg
♂(2009年9月 千葉市若葉区)

blog_import_4f4dd0530497c.jpg
♀(2009年9月 千葉市若葉区)


(2009年9月 千葉市若葉区)


(2011年8月 千葉市若葉区)

シーボルトが長崎で採集した標本をもとにこのチョウが記載されたことが名前の由来。元来南方系のチョウであり、日本列島においてはもっぱら西日本に分布していたものが、近年の地球温暖化に伴って関東地方でも普通に見られるようになった。幼虫の食草はミカン科の植物。

◎昆虫類・チョウ目の索引

スポンサーサイト

シオヤトンボ - 2018.02.02 Fri

Orthetrum japonicum
トンボ目トンボ科
体長 37~48mm


2009051820170227.jpg
♂(2009年5月 千葉市若葉区)

2010042620170227.jpg
未成熟♀(2010年4月 千葉市緑区)

2014050220170512.jpg
交尾(2014年5月 千葉市若葉区)


(2012年5月 袖ヶ浦市)

平地から山地の湿地や水田で発生する。シオカラトンボに似るが、よりずんぐりした体形をしている。春先、谷津田の近辺などで最も早くから見られるトンボのひとつ。雄は成熟すると全身灰白色の粉で覆われる。

◎昆虫類・トンボ目の索引

ダイサギ - 2018.02.02 Fri

Ardea alba
ペリカン目サギ科
全長 90cm
千葉県RDB・C(要保護生物)


2010051720160907.jpg
(2010年5月 習志野市)

2014041120160907.jpg
4月頃から営巣する。目元が青いのは婚姻色(2014年4月 千葉市若葉区)

2010022320160907.jpg
ドジョウを捕食する(2010年2月 千葉市中央区) 


(2012年3月 千葉市中央区)

一番大きなシラサギ。河川、水田、干潟など様々な水辺で見られ、長い嘴で魚類、両生類、甲殻類などを捕食する。繁殖期は他種のサギたちとともにコロニーを形成する。

◎鳥類の索引

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。詩人/ネイチャーガイド。千葉市在住。

房総半島に生息する動物の図鑑を目指してほぼ毎日更新しています。写真と文章は全て大島健夫によるものです。無断転載をお断りいたします。

ご意見、ご感想などございましたら、
inaka_jikan@yahoo.co.jp
までお送り頂けますと幸いです。また、動物の目撃情報、生息情報などもお待ちしております。現生の動物に限らず、房総半島における過去のニホンカワウソの生息情報も収集しております。

大島健夫公式サイト

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
索引 (39)
更新情報 (1)
哺乳類 (10)
鳥類 (104)
爬虫類 (15)
両生類 (15)
魚類 (19)
昆虫類・シミ目 (2)
昆虫類・トンボ目 (43)
昆虫類・ゴキブリ目 (3)
昆虫類・カマキリ目 (6)
昆虫類・ハサミムシ目 (3)
昆虫類・バッタ目 (38)
昆虫類・ナナフシ目 (3)
昆虫類・カメムシ目 (71)
昆虫類・アミメカゲロウ目 (9)
昆虫類・甲虫目 (153)
昆虫類・シリアゲムシ目 (4)
昆虫類・ハエ目 (45)
昆虫類・トビケラ目 (1)
昆虫類・チョウ目 (135)
昆虫類・ハチ目 (38)
鋏角類 (54)
甲殻類 (23)
多足類 (8)
貝類 (16)
環形動物 (2)
扁形動物 (3)
刺胞動物 (5)
棘皮動物 (1)
主要な参考文献 (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR