FC2ブログ
topimage

2018-08

キゴシハナアブ - 2018.08.29 Wed

ハエ目ハナアブ科
体長 9~13mm


20160921IMG_4468.jpg
♂(2016年9月 袖ヶ浦市)

20180829IMG_3767.jpg
♀(2018年8月 千葉市中央区)

斑模様の複眼が特徴的なハナアブ。林縁や民家の庭などで見られる。様々な花に集まる。

◎昆虫類・ハエ目の索引

スポンサーサイト

キイロスズメバチ - 2018.08.29 Wed

ハチ目スズメバチ科
体長 17~28mm
※有毒


20180829IMG_3757.jpg
(2018年8月 千葉市中央区)


ジョロウグモの巣から餌を盗む(2011年9月 袖ヶ浦市)


ノシメトンボを解体する(2011年9月 千葉市若葉区)

中型のスズメバチ。スズメバチの中でも肉食性が強く、様々な昆虫を捕食し、また動物の死骸にも集まる。巣は球形。

◎昆虫類・ハチ目の索引

コノシメトンボ - 2018.08.29 Wed

トンボ目トンボ科
体長 35~45mm
千葉県RDB・D(一般保護生物)


20180829IMG_3744.jpg
(2018年8月 千葉市中央区)

平地から山地の池沼や湿地で発生する。ノシメトンボに似るが、胸部側面の黒条の形が異なっている。ノシメトンボと同所的に生息していることもある。

◎昆虫類・トンボ目の索引

アマサギ - 2018.08.25 Sat

ペリカン目サギ科
全長50cm


20180824IMG_3246.jpg
(2018年8月 佐倉市)

コサギよりさらに小さい。夏鳥として飛来する。夏羽では頸部と背中が茶褐色をしている。無脊椎動物をよく食べ、そのためトラクターや牛馬のあとをついて農耕地を歩くことがある。

◎鳥類の索引

ショウリョウバッタモドキ - 2018.08.24 Fri

バッタ目バッタ科
体長 ♂25~30mm・♀45~50mm


20180822IMG_3205.jpg
(2018年8月 袖ヶ浦市)

20170824IMG_8872.jpg
赤味の強い個体(2017年8月 袖ヶ浦市)

ショウリョウバッタより小さく、後脚が短く、頭部があまり突出しない。草地で見られ、主にイネ科植物を食べるが、ショウリョウバッタに比べやや湿った環境を好む。

◎昆虫類・バッタ目の索引

ヒメキマダラセセリ - 2018.08.24 Fri

チョウ目セセリチョウ科
開張 25~30mm
千葉県RDB・D(一般保護生物)


20180822IMG_3198.jpg
(2018年8月 袖ヶ浦市)

黄褐色の小型のセセリチョウ。林縁や草地で見られる。幼虫の食草はイネ科やカヤツリグサ科の植物。本来は低山地から山地に分布するチョウだが、北総の谷津田周辺などにも生息している。

◎昆虫類・チョウ目の索引

ギンヤンマ - 2018.08.23 Thu

トンボ目ヤンマ科
体長 74~82mm


2014071120170302.jpg
♂(2014年7月 千葉市若葉区)


連結産卵(2018年8月 袖ヶ浦市)

平地から山地の池沼や湿地、河川の淀みで発生する。都市公園の池やプールでも発生する。雄は縄張りを持ち、上空を飛び回る。その飛翔能力は極めて高い。

◎昆虫類・トンボ目の索引

オオシマカラスヨトウ - 2018.08.23 Thu

チョウ目ヤガ科
開張 56~63mm


20180818IMG_3077.jpg
(2018年8月 袖ヶ浦市)

翅には白斑のある濃色の横帯が入る。森林で見られ、幼虫は様々な広葉樹の葉を食べ、成虫は樹液などに集まる。灯火にも飛来する。

◎昆虫類・チョウ目の索引

ヒメクロミスジメイガ - 2018.08.21 Tue

チョウ目ツトガ科
開張 20~25mm


20180818IMG_3064.jpg
(2018年8月 袖ヶ浦市)

薄い褐色の翅に濃い色の波線が特徴的。夜は灯火に飛来する。幼虫の食草は詳らかでない。

◎昆虫類・チョウ目の索引

ゴマダラキコケガ - 2018.08.21 Tue

チョウ目ヒトリガ科
開張 20~30mm


20180818IMG_3017.jpg
(2018年8月 袖ヶ浦市)

全身がオレンジ色で、多数の黒斑がある。夜は灯火にも集まる。幼虫は地衣類を食べる。

◎昆虫類・チョウ目の索引

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。詩人/ネイチャーガイド。千葉市在住。

房総半島に生息する動物の図鑑を目指してほぼ毎日更新しています。写真と文章は全て大島健夫によるものです。無断転載をお断りいたします。

ご意見、ご感想などございましたら、
inaka_jikan@yahoo.co.jp
までお送り頂けますと幸いです。また、動物の目撃情報、生息情報などもお待ちしております。現生の動物に限らず、房総半島における過去のニホンカワウソの生息情報も収集しております。

大島健夫公式サイト

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
索引 (39)
更新情報 (1)
哺乳類 (10)
鳥類 (103)
爬虫類 (15)
両生類 (15)
魚類 (19)
昆虫類・シミ目 (2)
昆虫類・トンボ目 (43)
昆虫類・ゴキブリ目 (3)
昆虫類・カマキリ目 (6)
昆虫類・ハサミムシ目 (3)
昆虫類・バッタ目 (36)
昆虫類・ナナフシ目 (3)
昆虫類・カメムシ目 (69)
昆虫類・アミメカゲロウ目 (9)
昆虫類・甲虫目 (152)
昆虫類・シリアゲムシ目 (4)
昆虫類・ハエ目 (44)
昆虫類・トビケラ目 (1)
昆虫類・チョウ目 (135)
昆虫類・ハチ目 (38)
鋏角類 (54)
甲殻類 (22)
多足類 (8)
貝類 (15)
環形動物 (2)
扁形動物 (3)
刺胞動物 (5)
棘皮動物 (1)
主要な参考文献 (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR