FC2ブログ
topimage

2019-01

ヤマナメクジ - 2019.01.27 Sun

Meghimatium fruhstorferi
有肺目ナメクジ科
体長 100~200mm

20190126IMG_6545.jpg
(2019年1月 袖ヶ浦市)

山地性の大型のナメクジ。両側の体側には幅広い黒い帯が走る。普段は倒木の下や樹洞に隠れ、夜間や雨天時などに行動する。キノコをよく食べる。

◎貝類の索引

スポンサーサイト

コゲラ - 2019.01.26 Sat

Dendrocopos kizuki
キツツキ目キツツキ科
全長 15cm


2015052720160913.jpg
(2015年5月 佐倉市)

20190216IMG_7174.jpg
カマキリの巣を食べていた(2019年2月 成田市)


(2015年5月 佐倉市)

日本で一番小さなキツツキ。平地から山地の林、民家の庭、都市公園などでも見られる。「ギイー」という声で鳴く。留鳥。

◎鳥類の索引

クロヤチグモ - 2019.01.26 Sat

Coelotes exitialis
クモ目タナグモ科
体長 8~15mm


20190126IMG_6469.jpg
(2019年1月 袖ヶ浦市)

石やコンクリートブロック、倒木の下などに漏斗状の巣を作って獲物を待つ、やや大型の黒いクモ。地表を歩き回ることもある。

◎鋏角類の索引

アカハラ - 2019.01.25 Fri

Turdus chrysolaus
スズメ目ツグミ科
全長 24cm


20190125IMG_6408.jpg
(2019年1月 千葉市中央区)

20190125IMG_6434.jpg
(2019年1月 千葉市中央区)

名前の通り腹部がオレンジ色をしている。房総半島では主に冬鳥。明るい林などで見られ、地表で昆虫やミミズ、植物の種子などを採食する。

◎鳥類の索引

クサギカメムシ - 2019.01.25 Fri

Halyomorpha halys
カメムシ目カメムシ科
体長 16mm


2013090820170423.jpg
(2013年9月 千葉市若葉区)

20171005IMG_9246.jpg
五齢幼虫(2017年10月 袖ヶ浦市)

20190125IMG_6400.jpg
公園のクロガネモチの樹木名プレートの裏で越冬していた(2019年1月 千葉市中央区)

普通に見られるカメムシ。様々な果実の汁を吸うため、しばしば農業害虫として扱われる。刺激を受けると強い臭いを発する。

◎昆虫類・カメムシ目の索引

コカマキリ - 2019.01.24 Thu

Statilia maculata
カマキリ目カマキリ科
体長 40~65mm


2010110220170311.jpg
(2010年11月 千葉市若葉区)

2010122020170311.jpg
緑色型(2010年12月 千葉市若葉区)

blog_import_4f4dc9e890800.jpg
威嚇のポーズ(2008年11月 千葉市若葉区)

blog_import_4f4dd11943226.jpg
交尾(2009年10月 千葉市若葉区)

20190124IMG_6391.jpg
卵鞘(2019年1月 千葉市中央区)

小型のカマキリ。草原や荒れ地などに多い。夏から秋に成虫が出現し、房総半島では冬に差しかかる頃まで見られる。ごく稀に緑色型の個体も出現する。

◎昆虫類・カマキリ目の索引

キハダカニグモ - 2019.01.18 Fri

Bassaniana decorata
クモ目カニグモ科
体長 4~7mm


20190117IMG_6342.jpg
(2019年1月 千葉市中央区)

樹皮のような体色をしたカニグモ。見かけ通りに樹木の幹で生活し、小昆虫を待ち伏せて捕食する。公園の樹木や街路樹でも見られる。

◎鋏角類の索引

キアシブトコバチ - 2019.01.16 Wed

Brachymeria lasus
ハチ目アシブトコバチ科
体長 5~7mm


20190116IMG_6336.jpg
(2019年1月 千葉市中央区)

20190116IMG_6324.jpg
公園のヤマモモの樹木名プレートの裏で、ナミテントウとともに集団越冬していた(2019年1月 千葉市中央区)

脚が黄色く、黒い体をした小さなハチ。幼虫はチョウやガの蛹に寄生する。

◎昆虫類・ハチ目の索引

ヤマガラ - 2019.01.11 Fri

Parus varius
スズメ目シジュウカラ科
全長 14cm


20160501IMG_2147.jpg
(2016年5月 袖ヶ浦市)

20190111IMG_6220.jpg
(2019年1月 千葉市中央区)


(2014年11月 千葉市中央区)

留鳥。平地から山地の明るい広葉樹林でよく見られる。かつてはおみくじ引きなどの芸をする鳥としても知られた。

◎鳥類の索引

キハダエビグモ - 2019.01.04 Fri

Philodromus spinitarsis
クモ目エビグモ科
体長 4~7mm


20190102IMG_6186.jpg
(2019年1月 千葉市若葉区)

20190117IMG_6346.jpg
(2019年1月 千葉市中央区)

「木肌」の名の通り、樹皮の裏などに生息するエビグモ。網は作らず徘徊性で、物陰で獲物を待ち伏せする。

◎鋏角類の索引

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。詩人/ネイチャーガイド。千葉市在住。

房総半島に生息する動物の図鑑を目指してほぼ毎日更新しています。写真と文章は全て大島健夫によるものです。無断転載をお断りいたします。

ご意見、ご感想などございましたら、
inaka_jikan@yahoo.co.jp
までお送り頂けますと幸いです。また、動物の目撃情報、生息情報などもお待ちしております。現生の動物に限らず、房総半島における過去のニホンカワウソの生息情報も収集しております。

大島健夫公式サイト

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
索引 (39)
更新情報 (1)
哺乳類 (10)
鳥類 (107)
爬虫類 (15)
両生類 (15)
魚類 (19)
昆虫類・シミ目 (2)
昆虫類・トンボ目 (44)
昆虫類・ゴキブリ目 (4)
昆虫類・カマキリ目 (6)
昆虫類・ハサミムシ目 (3)
昆虫類・バッタ目 (38)
昆虫類・ナナフシ目 (3)
昆虫類・カメムシ目 (74)
昆虫類・アミメカゲロウ目 (9)
昆虫類・甲虫目 (155)
昆虫類・シリアゲムシ目 (4)
昆虫類・ハエ目 (46)
昆虫類・トビケラ目 (1)
昆虫類・チョウ目 (137)
昆虫類・ハチ目 (40)
鋏角類 (58)
甲殻類 (23)
多足類 (8)
貝類 (19)
環形動物 (2)
扁形動物 (3)
刺胞動物 (5)
棘皮動物 (1)
主要な参考文献 (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR