FC2ブログ
topimage

2019-07

キハラゴマダラヒトリ - 2019.07.30 Tue

Spilosoma lubricipedum sangaicum
チョウ目ヒトリガ科
開張 32~41mm


20190730IMG_0402.jpg
(2019年7月 千葉市中央区)

白い翅に黒い斑紋があるヒトリガの仲間。よく似たアカハラゴマダラヒトリとは、腹部や脚の付け根が黄色いことで区別できる。幼虫の食草はクワ科やバラ科の植物。写真の成虫はクヌギの樹液にやってきていた。

◎昆虫類・チョウ目の索引

スポンサーサイト

ニジュウヤホシテントウ - 2019.07.30 Tue

Epilachna vigintioctopunctata
甲虫目テントウムシ科
体長 6~7mm

20190729IMG_0359.jpg
(2019年7月 袖ヶ浦市)

草食性のテントウムシ。幼虫も成虫もナスやトマトやジャガイモの葉を常食するため害虫として扱われる。黒い斑点は本当に28個ある。

◎昆虫類・甲虫目の索引

ミヤマカミキリ - 2019.07.27 Sat

Mallambyx raddei
甲虫目カミキリムシ科
体長 32~57mm


20190727IMG_0345.jpg
(2019年7月 長生郡一宮町)

大型のカミキリムシ。ブナ科のクヌギやコナラなどの生木に産卵し、幼虫がそこで成長することで樹液が浸出する原因を作り、また成虫はその樹液に集まるという、里山の昆虫である。夜は灯火にもやってくる。

◎昆虫類・甲虫目の索引

ビロウドカミキリ - 2019.07.27 Sat

Acalolepta fraudatrix fraudatrix
甲虫目カミキリムシ科
体長 12~25mm


2014071320170828.jpg
(2014年7月 千葉市若葉区)

20190727IMG_0338.jpg
(2019年7月 長生郡一宮町)

鞘翅にはビロード状の微毛がある。森林やその周辺で見られる。夜は灯火にも飛来する。幼虫は広食性で、様々な広葉樹の枯木を食べる。

◎昆虫類・甲虫目の索引

モンスズメバチ - 2019.07.26 Fri

Vespa crabro
ハチ目スズメバチ科
体長 20~30mm
環境省RDB・DD(情報不足)
※有毒


20171003IMG_9191.jpg
(2017年10月 千葉市若葉区)

20190726IMG_0282.jpg
クヌギの樹液を吸う(2019年7月 千葉市中央区)


(2015年9月 千葉市若葉区)


(2016年10月 袖ヶ浦市)

中型のスズメバチ。ユーラシア大陸に広く分布する。雑木林に多く、樹洞や民家の壁の中など閉鎖空間によく巣を作る。セミ等の昆虫を多く狩り、樹液にもやってくる。

◎昆虫類・ハチ目の索引

ヒメスズメバチ - 2019.07.26 Fri

Vespa ducalis
ハチ目スズメバチ科
体長 25~25mm
※有毒


20190621IMG_9425.jpg
(2019年6月 千葉市中央区)

森林や樹木の多い公園、民家の庭などでも見られる。スズメバチの中では攻撃性が低く、巣の規模も小さい。餌としてアシナガバチをよく捕食するという特徴を持つ。

◎昆虫類・ハチ目の索引

キシタバ - 2019.07.26 Fri

Catocala patala
チョウ目ヤガ科
開張 69~74mm


2010072820171019.jpg
(2010年7月 千葉市若葉区)

20190723IMG_0247.jpg
カナブンとともにクヌギの樹液を吸う(2019年7月 千葉市中央区)

後翅がかなり鮮やかな黄色なので「黄下翅」の名がある。幼虫の食草はマメ科植物。成虫はクヌギやコナラの樹液によくやってくる。夜は灯火にも集まる。

◎昆虫類・チョウ目の索引

モノサシトンボ - 2019.07.24 Wed

Copera annulata
トンボ目モノサシトンボ科
体長 38~51mm
千葉県RDB・C(要保護生物)


20190630IMG_9677.jpg
♀(2019年6月 袖ヶ浦市)

20190721IMG_0230.jpg
♂(2019年7月 木更津市)

腹部の斑紋が、物差しの目盛りのように並んでいることが名前の由来。平地から山地の、周囲に樹林がある、やや暗い環境の水生植物の多い池沼で発生する。千葉県内における確実な産地は多くない。

◎昆虫類・トンボ目の索引

シロオビトリノフンダマシ - 2019.07.24 Wed

Cyrtarachne nagasakiensis
クモ目コガネグモ科
体長 ♂1.5mm・♀6~8mm


20170628IMG_8010.jpg
(2017年6月 袖ヶ浦市)

20190721IMG_0193.jpg
全身黒い個体(2019年7月 木更津市)

腹部の幅の広い白帯が特徴。林縁や草地で見られる。日中は葉陰などで休み、夕方に植物間に水平円網を張る。

◎鋏角類の索引

ベッコウクモバチ - 2019.07.24 Wed

Cyphononyx fulvognathus
ハチ目クモバチ科
体長 15~27mm
※有毒


20190721IMG_0190.jpg
(2019年7月 木更津市)

黄褐色の頭部と胸部と脚と翅、黒い腹部を持った大きなハチ。大型の徘徊性のクモを狩って麻酔し、これに卵を産みつけて幼虫の餌にする。刺されると非常に痛いともいう。

◎昆虫類・ハチ目の索引

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。詩人/ネイチャーガイド。千葉市在住。

房総半島に生息する動物の図鑑を目指してほぼ毎日更新しています。写真と文章は全て大島健夫によるものです。無断転載をお断りいたします。

ご意見、ご感想などございましたら、
inaka_jikan@yahoo.co.jp
までお送り頂けますと幸いです。また、動物の目撃情報、生息情報などもお待ちしております。現生の動物に限らず、房総半島における過去のニホンカワウソの生息情報も収集しております。

大島健夫公式サイト

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
索引 (40)
更新情報 (1)
哺乳類 (10)
鳥類 (109)
爬虫類 (15)
両生類 (15)
魚類 (21)
昆虫類・イシノミ目 (1)
昆虫類・シミ目 (2)
昆虫類・トンボ目 (48)
昆虫類・ゴキブリ目 (5)
昆虫類・カマキリ目 (6)
昆虫類・ハサミムシ目 (3)
昆虫類・バッタ目 (39)
昆虫類・ナナフシ目 (3)
昆虫類・カメムシ目 (79)
昆虫類・アミメカゲロウ目 (9)
昆虫類・甲虫目 (176)
昆虫類・シリアゲムシ目 (4)
昆虫類・ハエ目 (47)
昆虫類・トビケラ目 (1)
昆虫類・チョウ目 (153)
昆虫類・ハチ目 (43)
鋏角類 (61)
甲殻類 (25)
多足類 (8)
貝類 (21)
環形動物 (2)
扁形動物 (3)
刺胞動物 (5)
棘皮動物 (1)
主要な参考文献 (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR