topimage

2017-09

ドブネズミ - 2017.09.22 Fri

齧歯目ネズミ科
頭胴長 15~28cm


20151110IMG_9867.jpg
(2015年11月 東京都台東区)

河川や海岸や湖沼のそば、下水、ゴミ捨て場付近などの湿った場所を好む大型のネズミ。市街地でもしばしば姿を現す。日本列島には有史以前に帰化したものと考えられている。写真は上野動物園のゴリラ舎でゴリラの餌を食べに出てきていたもの。ここでは野菜を食べていたが、肉食性も強い雑食である。

ヨツボシケシキスイ - 2017.09.22 Fri

甲虫目ケシキスイ科
体長 7~14mm


20170607IMG_7662.jpg
(2017年6月 富津市)

黒地に四つの赤い斑紋が特徴。クヌギやコナラの樹液に集まる。産卵も樹皮の間に行うなど、雑木での生活によく適応している。

タイワンキシタアツバ - 2017.09.21 Thu

チョウ目ヤガ科
開張 28~35mm


20120501P5016428.jpg
(2012年5月 長生郡長柄町)

「台湾」という名前はついているが外来種ではなく、日本各地で比較的普通に見られる。「キシタ」は「黄下」で、後翅が黄色いことに由来する。幼虫の食草はイラクサ科のヤブマオ。

キイロホソガガンボ - 2017.09.21 Thu

ハエ目ガガンボ科
体長 12~14mm


2008060620170101.jpg
(2008年6月 千葉市若葉区)

20170921P5016393.jpg
交尾(2012年5月 千葉市若葉区)

黄色い体に黒い模様の入ったガガンボ。平地で普通に見られる。成虫は花の蜜を吸い、幼虫は植物の根を食べる。なお、ガガンボは人の血を吸ったりはしない。

マダラアシゾウムシ - 2017.09.21 Thu

甲虫目ゾウムシ科
体長 15mm


2013052820170921.jpg
(2012年5月 千葉市若葉区)

凹凸の多い、いかつい体をしたゾウムシ。広葉樹林とその周辺で見られる。幼虫は広葉樹の枯木の材質を食べ、成虫はその樹液などを食べる。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。詩人/ネイチャーガイド。千葉市在住。

房総半島に生息する動物の図鑑を目指してほぼ毎日更新しています。写真と文章は全て大島健夫によるものです。無断転載をお断りいたします。

ご意見、ご感想などございましたら、
inaka_jikan@yahoo.co.jp
までお送り頂けますと幸いです。また、動物の目撃情報、生息情報などもお待ちしております。現生の動物に限らず、房総半島における過去のニホンカワウソの生息情報も収集しております。

大島健夫公式サイト

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
索引 (38)
更新情報 (1)
哺乳類 (9)
鳥類 (92)
爬虫類 (15)
両生類 (15)
魚類 (17)
昆虫類・シミ目 (2)
昆虫類・トンボ目 (42)
昆虫類・ゴキブリ目 (3)
昆虫類・カマキリ目 (6)
昆虫類・ハサミムシ目 (3)
昆虫類・バッタ目 (34)
昆虫類・ナナフシ目 (3)
昆虫類・カメムシ目 (60)
昆虫類・アミメカゲロウ目 (7)
昆虫類・甲虫目 (111)
昆虫類・シリアゲムシ目 (3)
昆虫類・ハエ目 (27)
昆虫類・チョウ目 (100)
昆虫類・ハチ目 (24)
鋏角類 (39)
甲殻類 (16)
多足類 (3)
貝類 (9)
環形動物 (2)
扁形動物 (3)
刺胞動物 (4)
棘皮動物 (1)
主要な参考文献 (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR